« 「寛政原本」の本は来年発刊予定 | トップページ | 肥空 »

2007年11月15日 (木)

祖母のお通夜

11月12日(月)の0時半頃亡くなった
私の父方の祖母なをのお通夜が
昨夜東村山で行われた。

101歳11ヶ月の高齢だったので,
お通夜は悲しみにくれるというより
祖母の長命にあやかりたいという
不思議な雰囲気だった。

祖父は30年近く前に亡くなり,
長男だった父も2年ほど前に亡くなったので,
私は2年前に続き今回も
喪主を務めることになった。

初めて務めた2年前は
右も左も分からないくて
ストレスだらけの感じだったが,
今回はその経験が生きて
わりとスムーズにやれたと思う。
(あまりこういうものには慣れたくないけどね)

近所のMさんが「100歳を越えた人の葬式には
黒豆入りのもち米のおむすびを出して
長命にあやかるものだ」と入れ知恵してくれて,
夜叔母と母で作ったそうだ。

今は隣近所の付き合いが薄れる中で
これはちょっとしたエピソードだと思うので
ここに記しておく。
(なお私は,これを2個食べて
200歳まで生きてしまう人が出ないように
しっかりと見張っていた・・・笑)

今日はお昼から告別式を行う。
天気もどうやら良さそうだ。
式が無事行えますようお祈り下さい。
(11/15)

« 「寛政原本」の本は来年発刊予定 | トップページ | 肥空 »

「教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「寛政原本」の本は来年発刊予定 | トップページ | 肥空 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ