« 楽知ん社長日記 | トップページ | 大相撲で「一ノ矢」が引退 »

2007年11月23日 (金)

「便所掃除」の詩

濱口國雄の「便所掃除」の詩は,
ずっと前から知っていた。
昨日金八先生で取り上げていたので,
それをチャンスに生徒たちに
紹介したいと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

便 所 掃 除

             濱 口 國 雄  

扉をあけます
頭のしんまでくさくなります
まともに見ることが出来ません
神経までしびれる悲しいよごしかたです
澄んだ夜明けの空気もくさくします
掃除がいっぺんにいやになります
むかつくようなババ糞がかけてあります

どうして落着いてしてくれないのでしょう
けつの穴でも曲がっているのでしょう
それともよっぽどあわてたのでしょう
おこったところで美しくなりません
美しくするのが僕らの務めです
美しい世の中も こんな処から出発するのでしょう

くちびるを噛みしめ 戸のさんに足をかけます
静かに水を流します
ババ糞におそるおそる箒をあてます
ポトン ポトン 便壺に落ちます
ガス弾が 鼻の頭で破裂したほど 
苦しい空気が発散します 
落とすたびに糞がはね上がって弱ります

かわいた糞はなかなかとれません
たわしに砂をつけます
手を突き入れて磨きます
汚水が顔にかかります
くちびるにもつきます
そんな事にかまっていられません
ゴリゴリ美しくするのが目的です
その手でエロ文 ぬりつけた糞も落とします
大きな性器も落とします

朝風が壺から顔をなぜ上げます
心も糞になれて来ます
水を流します
心に しみた臭みを流すほど 流します
雑巾でふきます
キンカクシのうらまで丁寧にふきます
社会悪をふきとる思いで力いっぱいふきます

もう一度水をかけます
雑巾で仕上げをいたします
クレゾール液をまきます
白い乳液から新鮮な一瞬が流れます
静かな うれしい気持ちですわってみます
朝の光が便器に反射します
クレゾール液が 糞壺の中から七色の光で照らします

便所を美しくする娘は
美しい子供をうむ といった母を思い出します
僕は男です
美しい妻に会えるかも知れません

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

濱口國雄は確か国鉄(JRの前身)の職員で,
それもあってこの詩の構想が
生まれたのだろうと思う。

インターネット検索したところでは,
この詩はいろいろな方が紹介していた。

私も学級通信に載せて,
その後に続きたい。

さてと,ちょっと我が家の
トイレ掃除でもするかな・・・。
(11/23)

« 楽知ん社長日記 | トップページ | 大相撲で「一ノ矢」が引退 »

「教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 楽知ん社長日記 | トップページ | 大相撲で「一ノ矢」が引退 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ