« 歴教協・所沢支部2007年11月例会 | トップページ | 祖母のお通夜 »

2007年11月15日 (木)

「寛政原本」の本は来年発刊予定

「新・古代学の扉」のサイトを見たら,
以下のようなお知らせが載っていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お知らせ: 『東日流外三郡誌 寛政原本・写真版』
 「全コロタイプ版」(第一~五オン・ブック社)は、
12月末日以降の発刊になりました。

分量的にも膨大なものとなり、
内容はただの原本の写真だけでなく、
古田先生による三郡誌の読み下し文+論文の原稿、
そして、一連の騒動や三郡誌の
歴史的な意義などについて、
まとめとなる解説文をつけるとのことです。

価格:5000円(予価)で、
A5判/250ページの予定です。
また寛政原本の一部は
C14年代測定のため渡米しており、
測定結果報告がまだです。

さらに漢字について
普通のワープロ入力のようにはいかず、
非常に時間がかかっています。
さらに遅れる予定です。
落ち着いてお待ち下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「12月末日以降の発刊」ということは,
つまり来年発刊するということで
楽しみにしていた私としては大変残念だ。
しかし,歴史に残る本になることは確実なので,
ぜひしっかりと作ってほしいと思う。
(11/15)

« 歴教協・所沢支部2007年11月例会 | トップページ | 祖母のお通夜 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 歴教協・所沢支部2007年11月例会 | トップページ | 祖母のお通夜 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ