« 「便所掃除」の詩 | トップページ | メガサイズでストレス発散!? »

2007年11月24日 (土)

大相撲で「一ノ矢」が引退

朝日新聞の社会面に
写真入りで上記の記事が出ていた。

一ノ矢は,記録の残る昭和以降の力士で
最高齢の46歳だそうだ。
私と3歳しか違わない!

引退の理由は,「年齢的な衰え」とのことだが,
今年7月に実父を亡くしたことも理由のようだ。
わたしも去年2月の父の死は,
大きな影響があったからなあ。
何となくわかる気がする。

東の序二段103枚目で
1002回目の最後の土俵は,
惜しくも20歳の若手に敗れ
勝利で飾れなかったようだが,
それでも今場所は4勝3敗の勝ち越し。
通算休場が6日のみ(うち実父の葬式3日を含む)
というのは,誇るべき記録だろう。


朝青龍の入門期に角界の初歩から指導。
相撲協会初のホームページ開設。
公称173cmの身長だが,実は165cm。

物理学を専攻した琉球大学で
相撲部を創設する。
それがきっかけで1983年初土俵。

「相撲は科学。やればやるほど面白い」
「力士になって良かった。
土俵で相撲の奥深さと耐えること,
我慢することを学んだ」という。

来年2月に断髪し,結婚式を挙げる。
今後は部屋のマネージャーに。
一ノ矢に「今までご苦労様!」
の拍手を贈りたい。
(11/24)

« 「便所掃除」の詩 | トップページ | メガサイズでストレス発散!? »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「便所掃除」の詩 | トップページ | メガサイズでストレス発散!? »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ