« KYとKB | トップページ | 教え子に会う »

2007年11月 7日 (水)

石器や土器にさわること

博物館の陳列ケースの中には,
発掘された石器や土器が
無数に展示されている。

しかし,それらを見ても見学者は
ほとんど何も感じることはないだろう。

せっかく大昔の人の生活を知る
いい機会なのに,
ガラスが邪魔をして「見る」ことしか
許してくれないから。

私は自分が手に入れた石器や土器を
授業で見せるだけでなく,
生徒にさわったり使わせたりしている。

虫眼鏡で太陽の光を集めて
紙を燃やすことは
生徒たちの楽しみだと思うが,
黒曜石で紙を切るのも
とても喜んでやっている。
「もっと切りたいので紙をくれ」と
リクエストがあるくらい・・・。

黒曜石はどこにでもあるものではないが,
手に入れようとすれば不可能なものでもない。
こういった工夫で原始古代の学習も
より楽しくすることができるのではないだろうか。
(11/7)

« KYとKB | トップページ | 教え子に会う »

「教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« KYとKB | トップページ | 教え子に会う »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ