« 切りかえるということ | トップページ | 社会の科学メーリングリスト »

2007年10月16日 (火)

ケータイ小説

本屋に行けば専用コーナーがあるほど
今やケータイ小説は花盛りである。
大した文章とは思われない作品が
何十万部も売れているとかいって
棚に平積みにしてある。

先週のNHK「週刊こどもニュース」は
このケータイ小説なるものに焦点を当て
特集の1つにしていた。

この番組の良いのは,
今流行しているものを取り上げ,
その良い点・問題点を小中学生にもわかるように
ていねいに解説してくれるところだ。
前任・池上彰以来の伝統がまだ引き継がれている。

携帯電話をもっている人は星の数ほどいるので,
ケータイ小説を書いている人も
100万人以上いるのではないかとのこと。
昔ならノートに習作を書いて
友達の間で回し読みといったところが
相場だっただろうが,
今はインターネットの時代。
全国・全世界に向け発信できてしまうのだ。

それゆえいろいろな人に読んでもらえるし,
感想も書いてもらえる。
著者によってはその時の反響によって
ストーリーを変更するなどということも
あったりするそうだ。

ただ,その便利さゆえに
(これはHPやブログでも同じだが)
見ず知らずの人に自分の作品を
誹謗中傷されることもあるらしい。
また,アドレスを公開しているわけだから,
当然危険な誘いを仕掛けてくる
悪い人が世の中にはいるのだ。

そんなこともあるのだが,
本屋の棚を見てもわかる通り
「今やケータイ小説花盛り」なのだ。
人によっては10個以上かけもちで
読んでいるということもあるらしい。

ケータイはもはや電話ではなくなり,
若者向けの「小説」になった感がする
昨今の様子である。
(10/16)

« 切りかえるということ | トップページ | 社会の科学メーリングリスト »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!じつは、4月にこのHPの紹介をした紙をもらってから、ずっと このブログに来ていたんですけど、なかなかコメントできませんでした。
でも、今日思い切ってコメントを書き込みたいと思います。

ケータイ小説は今すごく流行っていますよね。
でも、私は普通のノートに小説を書いて 見せ合いっこをよくします。その方が、パソコンよりも なんかいいんですよね…。

話は変わりますが、歴史のプリント すごくおもしろいです。驚きの連発でした。
次の授業も楽しみにしています☆

dreamさんへ
コメントありがとうございます。
dreamさんは「ノートの回し読み派」でしたか。
私もその方が実感がわきますね。
> 話は変わりますが、歴史のプリント すごくおもしろいです。驚きの連発でした。次の授業も楽しみにしています☆
ありがとうございます。授業書《日本歴史入門》の授業はまだまだ続きますので,ぜひ楽しんで下さい。そして,またお便り下さいね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 切りかえるということ | トップページ | 社会の科学メーリングリスト »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ