« 世界の子供達のために | トップページ | 『娘よ、ここが長崎です』 »

2007年9月 1日 (土)

肥さん大学病院へ行く

胃カメラを呑むのは2回目だ。
あれは何回やっても
気持ちのいいものではない。

来世紀になったら,
「21世紀まではこんな野蛮なことをしていた」
ベスト3に投票されると思う。

しかし,胃検診と胃カメラのおかげで
今回異常を発見してもらった。
(胃に初めて小さなポリープができた)
まったく自覚症状はないのでお手柄である。

昨日は大学病院に行って
問診と検査日の予約をしてきた。
何でも超音波を使って判定するらしい。
今まで医者にお世話になることは
ほとんどなく生活してきたが,
ここらで総点検するのも悪くないだろう。

それにしても病院までの道のりが
2時間と長いのが玉にキズだ。
これだと「1日仕事」になってしまう。
市民医療センターの医者からの紹介
なのでしかたがないけれど,
何とかならないものか。
特に新学期の始まる
この時期だというのが痛い。
せめて1時間以内ならいいのだけれど・・・。
(9/1)

« 世界の子供達のために | トップページ | 『娘よ、ここが長崎です』 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 世界の子供達のために | トップページ | 『娘よ、ここが長崎です』 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ