« 社会科の質問教室 | トップページ | 主要教科1割増,総合1コマ減 »

2007年8月30日 (木)

ためしてガッテン「集中力」

昨夜NHK「ためしてガッテン」で
集中力についての番組をやっていた。
(「脳もビックリ!集中力アップ大作戦」)
以下,略報しよう。

集中力を高めるのには,
脳の働きを知り,それを効果的に
利用することが大切である。
それに従うと,
こんなふうにやるのがいいそうだ。

【集中する前】

(1) 興味関心グッズを排除する

「気が散るもの」を目の前から隠すことが
集中力への第一歩だ。
おもちゃはもちろん,低学年の場合は
「自分の手」だったりするかも。

(2) リラックスする

集中力はエネルギーなので,
それをまず貯めることが大切となる。
無理に集中しようとしても
なかなか集中できないのはこのためだ。

(3) 集中儀式でスイッチ・オンに

「集中ワード(後述)を唱える」
「コーヒーをゆっくり1杯飲む」
「入浴する」など何でも良い。
自分が集中する時の儀式を持っておく。
この引き出しを多く持っていると,
いつでもどこでも集中できることになる。

【集中している時】

(1) 環境音を工夫する

私はクラシックが良いと思っていたが,
クラシックより自然音の方が良いらしい。
「音をもって音を制する」
ということも考えに入れる。
(電車内の読書等)

(2) 小刻みな目標+集中ワード

前者の例としては,
「1時間に800個検査する」より
「10分間に130個する」の方が能率が上がる。
また,後者の例としては,
「○○ができたら□□できる」という形の成功報酬。
よく「優勝したら焼肉パーティー」などというと,
クラスが盛り上がるのはこれだ。

(3) 適度の休憩

集中力と休憩を敵対関係で考えるなかれ。
集中力はエネルギーなので,
使えば必ず減るもの。
適度の休憩を入れてこそ効果が上がる。

この番組を見て,集中力を高めることに
関しての「常識」が揺さぶられた。
脳の研究って楽しいネ!
(8/30)

« 社会科の質問教室 | トップページ | 主要教科1割増,総合1コマ減 »

「教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 社会科の質問教室 | トップページ | 主要教科1割増,総合1コマ減 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ