« 「埼玉の会」終わる | トップページ | ハンガーマップを利用した授業 »

2007年8月 7日 (火)

原爆忌

毎年この時期になると原爆のことが
新聞やテレビに出てくる。

私は戦後生まれで
戦争自体は知らないけれど,
社会科の教員でもあり
一般の方より少しは関心を持って
見ているかもしれない。

今までで原爆に関して取り組んだのは,
まず19年前の文化祭。
「10万人の顔写真」というテーマで,
新聞や雑誌の顔写真を切り抜き
一発の原爆による死者の多さを
イメージ化した。
朝日新聞にも取り上げていただき,
たいへん盛り上がった取り組みだった。

実はその時の私自身の思いとして,
原爆の他に伏線として
「校内暴力」というものがあった。
私は教員であろうと生徒であろうと
暴力を使って何かをすることに
反対したかったのだった。

去年それと対になるような
取り組みをした。
合唱コンクールで「夏」という
原爆に関する曲を歌ったのだ。

もちろん実際に歌うのは生徒たちなので,
私はそのイメージをふくらませる役をした。
(1) 原爆に関する詩の紹介
(2) 「夏」応援ボード(写真)の作成
(3) 「涙そうそう」(2時間のビデオ)の視聴
など,生徒たちが「夏」という曲に
より深い思いを込められるように提供していった。

幸い「夏」は生徒たちが熱心に取り組んでくれ,
合唱コン自体にも大きな刺激を与え
当日も第2位になることができた。

教員という職業をしている私としては,
やはりその職業を通して平和を考えて
取り組んでいくことが自然なのだ。
これからもそういうスタンスで
やっていきたいと思っている。
(8/7)

« 「埼玉の会」終わる | トップページ | ハンガーマップを利用した授業 »

「教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「埼玉の会」終わる | トップページ | ハンガーマップを利用した授業 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ