« アジア杯サッカー | トップページ | 早くも賞状を2枚ゲット! »

2007年7月17日 (火)

新潟ー神戸ひずみ集中帯

今回新潟・長野で起きた中越沖地震は,
阪神・淡路大震災などを起こしている
新潟ー神戸ひずみ集中帯にあるという。
(日本海沿岸に沿って,
北東ー南西方向に走っている)

「ひずみ集中帯」なんてあまり聞かないが,
要するに太平洋プレートが大陸プレートに
沈み込む時のひずみが圧力として高まって,
耐え切れなくなると地震を発生するらしい。

この地帯には,いくつもの原子力発電所がある。
今回事故が起きた柏崎刈羽原発や
若狭湾の原発集中地帯だ。
原子力発電所の事故は,
放射能という目に見えない被害を伴うので
特に心配だ。
「設計時の想定外」だけでは
済まされないのだ。
(7/17)

« アジア杯サッカー | トップページ | 早くも賞状を2枚ゲット! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アジア杯サッカー | トップページ | 早くも賞状を2枚ゲット! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ