« 夏風邪か | トップページ | 新潟ー神戸ひずみ集中帯 »

2007年7月17日 (火)

アジア杯サッカー

日本対ベトナム戦を私も見た。
4対1と試合は一方的だったが,
見せ場の多い試合のように思った。

気温37度,湿度65%,
しかもアウェー戦でベトナムの大声援。
さらにオウン・ゴールという不運なスタート。

しかし,日本チームは焦らなかった。
前半12分,巻の確実なトラップの同点ゴール。
前半31分,遠藤の見事なフリーキック。
後半8分,パス回しの後の中村俊のシュート。
最後に後半14分,巻のヘディング・シュート。
多彩な得点の仕方に
テレビの前で喜んでいた方は多かったはずだ。

オシム監督の指導も次第に浸透してきている。
「ボールは走らせても疲れない」(中村俊へ)
「お前には(好機と危機を察知する)
嗅覚があるから」(遠藤へ)
など選手たちの心をつかむ言葉もいい。

オリンピックとはまた違う面白さを
アジア杯に感じた。
次は準々決勝だ。
がんばれ日本チーム!
(7/17)

« 夏風邪か | トップページ | 新潟ー神戸ひずみ集中帯 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏風邪か | トップページ | 新潟ー神戸ひずみ集中帯 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ