« 「別府」の仮説 | トップページ | 新チームの始動 »

2007年7月27日 (金)

先頭打者を歩かせると

昨日は西武球場に楽天戦を
見に行ったのだが,
野村監督が拙攻と拙守を
ぼやいていた。

拙攻は1回の攻撃。
せっかく無死1,3塁のチャンスを得ながら
クリーンナップの打者が
工夫のない攻め方をして無得点。
これはこの日最大の得点機だっただけに,
悔やんでも悔やみきれない。

拙守は先頭打者を無造作に
四球で出塁させてしまう先発・朝井。
「先頭打者を歩かせた時の失点率は,
80パーセント近くになる」とのことで,
文字通り勝敗を分ける。

度重なる拙攻と拙守に,
野村監督のボヤキは今日も止まらない。
(7/27)

« 「別府」の仮説 | トップページ | 新チームの始動 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「別府」の仮説 | トップページ | 新チームの始動 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ