« 人体解剖図の授業 | トップページ | 頭が頭痛 »

2007年5月17日 (木)

バヌアツで縄文土器が出土

昨日のエロマンガ島の話題は
さっそく授業で取り上げたのだが,
どのクラスでもなかなか好評だった。
中には「自分もユニークな地名を見つけたい」
という志を立てた者もいたようだ。

ちなみにオランダには
「スケベニンゲン」と聞こえる地名があるらしい。
(かつては漁港で,今はリゾート地。
意味は「斜面の村」とのこと)
これも生徒たちは喜んでいた。

ところでバヌアツという国では
縄文土器が出土している。
直接かどうかはわからないが,
数千キロの広大な海をはさんで
大昔に両者間に交流があったと思うと,
ぐっとバヌアツという国が
身近に感じられるのではないだろうか。
このことも授業で付け加えた。
(5/17)

« 人体解剖図の授業 | トップページ | 頭が頭痛 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 人体解剖図の授業 | トップページ | 頭が頭痛 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ