« 授業書《世界の国ぐに》好スタート! | トップページ | 好事魔多し »

2007年4月20日 (金)

4冊の参考本が揃う

川瀬健一さんからアドバイスしていただいた
平家物語の参考本の4冊すべてが揃った。

(1) 元木泰雄『保元・平治の乱を読み直す』
(2) 五味文彦『平家物語、史と説話』
(3) 保立直久『平安王朝』
(4) 兵藤裕己『平家物語ー〈語り〉のテクスト』

(1)はすぐ近所の本屋で手に入ったが,
(2)~(4)はなく,アマゾンに注文したが
クレジットカードの番号がうまく合わず,
ようやく今週になって本が届いた。

実際に本を買って回ったら
大変な時間と膨大な労力を使うから,
アマゾンの存在はとても大きい。
さっそく「空き時間」も利用して
学習体制に入ろうと思う。
ちょっとページをめくってみたところ,
私には(4)が入っていきやすそうに思えた。
おいおい感想など載せていきたい。
(4/20)

« 授業書《世界の国ぐに》好スタート! | トップページ | 好事魔多し »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

 いよいよ、平家物語の学習開始ですね。
 いいですね。空き時間に学習できるとは。僕の場合は毎日1時間はありましたが、社会科の授業は毎時間授業案と多数のプリントを使ってやっていたので、この授業準備と、授業をやっての指導案の修正、そして図書館指導・管理の事務で忙殺されていました。

 兵藤氏の「平家物語」はとても読みやすいです。そして平家物語成立の背景を鋭く分析しています。ただ平家琵琶の成立と平家物語の詞章の変遷についての氏の説は、ぼくには受け入れられません。現在でも平家琵琶が伝承されていることを無視し、盲僧琵琶という別の語り物の歴史を単純に平家琵琶に適用した妄説だと考えています。この点はいつか時間があったら、僕のサイトで批判をしておこうと思っています。(氏の説との違いは、僕の著書の中世編の「軍記物」の所をご覧ください)。

川瀬さんへ

私にとっても,こんな破格の「空き時間」=9時間は久しぶりなので,無駄に過ごしたくないので学習時間を設定しました。

> 兵藤氏の「平家物語」はとても読みやすいです。
> そして平家物語成立の背景を鋭く分析しています。
> ただ平家琵琶の成立と平家物語の詞章の変遷についての
> 氏の説は、ぼくには受け入れられません。
> 現在でも平家琵琶が伝承されていることを無視し、
> 盲僧琵琶という別の語り物の歴史を単純に
> 平家琵琶に適用した妄説だと考えています。
> この点はいつか時間があったら、僕のサイトで
> 批判をしておこうと思っています。
> (氏の説との違いは、僕の著書の中世編の
> 「軍記物」の所をご覧ください)。

そうなのですか。ただ,私には『平家物語』そのものへの案内,橋渡しがほとんど皆無なので,何かをよすがにせざるを得ないわけで。
(1)の元木泰雄『保元・平治の乱を読み直す』は1番最初に入手したのですが,10ページくらいで読む気が失せてしまい,4冊の中では1番「後回し」になりそうです。内容の良し悪しはわかりませんが,とにかく1冊読み通したいのです。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 授業書《世界の国ぐに》好スタート! | トップページ | 好事魔多し »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ