« 熊本のKさん来所(らいとこ)のワケ | トップページ | ようやく連休へ »

2007年4月28日 (土)

ヨーロッパ科学史の旅

昨日の「熊本のKさんが来所(らいとこ)したワケ」
についてあじすきさんがコメントしてくれた。
その返事を「再利用」させていただきたい。

ヨーロッパ科学史の旅で
私がご一緒した板倉さんとは,
もちろん板倉聖宣さんのことだ。

その旅行の様子は,『たのしい授業』誌の
1988年10月号から1989年6月号にかけて
連載された。各号の題名は,

10月号「時差と夜のない旅と北極」(24ペ)
11月号「ロンドン①」(22ペ)
12月号「ロンドン②ファラデーの育った街」(28ペ)
1月号「産業革命とドールトンの街」(29ペ)
2月号「ホテル・チップ・自動販売機」(21ペ)
3月号「ラボアジェとフランス革命の街」(17ペ)
4月号「ガリレオとパドバ・ベネチアの街」(24ペ)
5月号「ガリレオの二つの家と山猫学会(上)」(14ペ)
6月号「ガリレオの二つの家と山猫学会(下)」(14ぺ)

といったようである。
今題名を再録していただけで,19年前の興奮が
よみがえってきた。

実はこの連載は,仮説社によって編集され,
本になるはずだった。
しかし,その後19年経ってもその動きはないので,
せめてガリ本にならないかと思っている。
どなたかやって下さる方はいませんか?
(4/28)

« 熊本のKさん来所(らいとこ)のワケ | トップページ | ようやく連休へ »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 熊本のKさん来所(らいとこ)のワケ | トップページ | ようやく連休へ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ