« 肥さんを担任してくれた先生たち | トップページ | Kさんのアルバイト最後の日 »

2007年3月 1日 (木)

ほぼ日刊イトイ新聞

毎日何100万人もの人が訪問している
上記のサイトがある。
私も週に何回かこのサイトを
訪問させてもらっているのだが,
お目当ては「ダーリンコラム」で
糸井重里の発言を読みたいからだ。

最近のものも大いに刺激を受けた。
というのは,1人の人間でも
「おいしいものってたくさんあるな」と思える時と
「最近おいしいものを食べていないなあ」
と思ってしまう時と二通りあるというのだ。

前者の場合は調子のいいときが多く,
後者の場合は不調の時が多い。
だから,逆に自分の感じ方で
今の自分の「調子」をチェックしてみたらいい
というような趣旨だったと思う。

私もこういうやわらかい頭の使い方が
できるようになりたいと思う。
そういう自由さがダーリンコラムの魅力である。
(かと思うと,足のできものを気にして
医者に相談しに行く「素人代表」の
糸井重里に会うこともできるという
不思議なサイトなのであるが・・・)

学級通信やサークルの資料を書いたりする時も
確かにこの「好調」「不調」の波がある。
前者の時にはどんどん書けるが
後者の時には全然だめだもんね。
同じ人間がやっていることなのに
不思議なものです。

だけど,ずっと不調が続くのはいやだけど,
ずっと「好調ばかり」というのも
体力が持たないかもね。
だとすれば,好調も不調も自分の2つの面として
楽しんじゃうというのが
一番面白い生き方なのかもしれません。

今年になってから学級通信の勢いは
おとなしくなったが,
その分「授業書シリーズ」(B5判・12ペ)
「古田本シリーズ」(B5判・16ペ)
「肥さん年図」(B5判・8ペ)と
学級通信に換算したら18号分の
資料を書いているのだから,
これで学級通信も好調だったら
私は倒れていることでしょう。
きっと体が自然とバランスを取っているのです。

なお「ほぼ日刊」という言い方が気に入って,
私のHPのコンテンツの1つにも
「ほぼ日刊肥さんニュース」というのを設置した。
もちろんそのルーツはこのサイトにある。
(3/1)

« 肥さんを担任してくれた先生たち | トップページ | Kさんのアルバイト最後の日 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 肥さんを担任してくれた先生たち | トップページ | Kさんのアルバイト最後の日 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ