« 大満足 | トップページ | 楽しい国語の授業 »

2006年12月18日 (月)

全日本実業団対抗女子駅伝

昨日はちょっと時間があったので,
テレビで全日本実業団対抗女子駅伝を見た。
(増田明美さんの解説だった)

3区の渋井,5区の福士の快走
と見どころがあったが,
何といっても6区の弘山(38歳)と
大崎(19歳)の対決は手に汗握るものであった。

10秒差でたすきをもらった弘山が7秒差で
ゴールするまでの約6キロ,
2人は抜きつ抜かれつの大デッドヒートだった。

最後には競技場前で弘山が振り切ったが,
「平成の名勝負」と言っていいレースだった。
逆転された大崎も「負けて強し」の印象だった。
近いうちに日本を代表する
選手になるのではないか。
エース土佐が欠場する中,
本当によくやったと思う。

結果,三井住友海上は4連覇を逃し,
資生堂が初優勝した。
(12/18)

« 大満足 | トップページ | 楽しい国語の授業 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大満足 | トップページ | 楽しい国語の授業 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ