« 声明と琵琶の会 | トップページ | 「株を買ってみよう!」の授業・2006 »

2006年12月12日 (火)

『九州王朝と日本の古代』

田口利明著『九州王朝と日本の古代』
( 三一書房)という本を書店で見つけた。
内容は古田武彦氏の九州王朝説の
主張を支持するものだ。
(「日出処天子」や「阿蘇山」が登場する
『隋書倭国伝』の分析がメイン)

また古田武彦氏支持の本が出版された。
学者の中にはいまだに「定説」にしがみつき,
「自分の頭」で考えようとしない頑迷な方も多いが,
田口さんのように「支持するところは支持」を表明し,
「違和感のあるところは違和感として」残される
しなやかな研究姿勢が,
歴史の真実を明らかにしていくのではないだろうか。
(12/12)

« 声明と琵琶の会 | トップページ | 「株を買ってみよう!」の授業・2006 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 声明と琵琶の会 | トップページ | 「株を買ってみよう!」の授業・2006 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ