« 浦和仮説サークル・10月例会 | トップページ | 10万人の顔写真 »

2006年10月16日 (月)

『なぞり書き 芭蕉全句』

[問題1]松尾芭蕉は江戸時代に俳諧を
完成させた人です。では,彼は生涯に
どのくらいの数の俳句を作ったと思いますか。

予想  ア.100句ぐらい
    イ.1000句ぐらい
    ウ.10000句ぐらい
    エ.もっと多く

今日はいきなり問題から入ったが,
それは以下の本を見つけたからだ。

堀信夫著 『なぞり書き 芭蕉全句』
(小学館)1400円+税。
小学館のサイトには,以下のように紹介されている。

「なぞり書きでたどる芭蕉生涯の全976句。
古典文学出版の最高峰『新編日本古典文学全集』を
もとにして作られた、他の追随を許さない古典文学
のなぞり書き本。松尾芭蕉が生涯に詠んだ発句の
すべて976句を、一字一画ずつ、
ゆっくりと味わってください」

1000句足らずとは思っていたより少ない。
私にもチャレンジできる数である。
うん,やってみたい!
(10/16)

« 浦和仮説サークル・10月例会 | トップページ | 10万人の顔写真 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 浦和仮説サークル・10月例会 | トップページ | 10万人の顔写真 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ