« 地区代表決定戦 | トップページ | 33333が間近です »

2006年10月19日 (木)

『ところざわ歴史物語』その後

だいぶ前に『ところざわ歴史物語』のことを
ここに書いた。
教育委員会がこのほど発行した
なかなかいい感じの郷土史の本である。
今日は,その後の報告をしよう。

実はこの本には「使いこなし度検定」
というものがあって,
私はそれに挑戦していたのだった。
問題は全部で40問あり,かなりの難問。
38問以上正解が合格=黒帯ということだった。

38/40といえば,95パーセントの正答率。
本を見ていいとはいえ,並みの検定ではない。
しかし,社会科を教えている私としては
チャレンジ心に火がついて,
やってみることにした。

難しかった。
本を見てすぐわかるものもあったが,
歴史の年代の順などは1問解くために
何回も本の隅々を探さなくてはならなかった。
「正しいもの」を選ぶ場合があったり,
「間違っているもの」を選ぶ場合があったり,
頭の切り替えもあってとても疲れた。

一応の答えを書き終えたのが1時間余り後。
解答用紙を封筒に入れて,いざ投函・・・。

返信は1週間ぐらいして来た。
結果は・・・?

残念ながら,白帯だった。
正解は37/40ということで,
あと1問合っていれば黒帯がもらえたのに・・・。
漢字コンテストで26点をもらった生徒の
気持ちがよくわかった。
(漢コンは,30問出題されて27問以上が合格。
90パーセントが合格ライン)

敗因は,原始時代の問題で
所沢の旧石器時代の砂川遺跡
(三ヶ島にある)の年代を答えさせる問題だった。
得意分野だったのがかえってあだになり,
油断したのがよくなかった。
だって,他の問題でかなり苦しんだ後,
ふっとやさしいそうな問題が来るんだもの・・・。
(10/19)

« 地区代表決定戦 | トップページ | 33333が間近です »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 地区代表決定戦 | トップページ | 33333が間近です »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ