« 『人は見た目が9割』 | トップページ | 18年前の教え子からの便り »

2006年10月30日 (月)

安藤美姫が逆転優勝

昨日行われたスケート・アメリカで,
ミキティーこと安藤美姫が逆転優勝した。

前日は完璧な演技と思われる浅田真央に
ピッタリくっつく第2位のショート・プログラム。
鮮やかな青の衣装が氷上を舞い,
復活を予感させた。

昨日は1位通過のプレッシャーからか
浅田が最初から大きなミスをして後退。
チャンスはめぐってきた。

そんな中の安藤美姫のフリーの演技。
今度は黒い大人っぽい衣装だったが,
いきなり3回転のジャンプを決めると
その後も好ジャンプを連発。
そのひた向きさが好印象を与えたのか,
発表された得点は日本人過去最高の数字だった。
(つまりトリノ五輪の金メダルをとった
荒川静香を上回る高得点だったということだ)

荒川静香もテレビ中継の中で言っていたが,
彼女はもはや競技会をこえた演技を
しているように思えた。
つまり「勝った負けたというレベル」ではなく,
自分の追求する基準がその枠以上に
飛び出している印象だった。

後半疲れが出たのかつまずきそうになる
ミスもあったものの,
全体として意欲的な演技と感心した。
(五輪の時の荒川の演じた優雅さはなかったけど,
安藤はまだ18歳だものね)

期待されてトリノ・オリンピックに出場したものの,
15位という屈辱的な結果。
一度はスケートをやめようと思った
安藤美姫の力強い復活に,
心から拍手を送りたい。
(10/30)

« 『人は見た目が9割』 | トップページ | 18年前の教え子からの便り »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『人は見た目が9割』 | トップページ | 18年前の教え子からの便り »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ