« 出身小中学校のホームページ | トップページ | 松本被告死刑確定 »

2006年9月15日 (金)

『えんぴつで奥の細道』その後

「好きこそものの上手なれ」という言葉があるが,
自分が好きなことは続くものだ。

おかげ様で『えんぴつで奥の細道』は
現在13日目を書いている。
全部で50日分だからまだ3分の1もいっていないが,
芭蕉・曽良との「3人旅」がたのしい。

今日のところは「遊行柳」という段で,
昔西行法師が,

「道の辺に清水流るる柳陰
しばしとてこそ立ち止まりつれ」

と詠んだ歌枕に案内されて,
芭蕉が,

「田一枚植えて立ち去る柳かな」

という有名な句を作る場面である。

たいへん有名な句なのだが,
『曽良旅日記』や「俳諧書留」によれば,
確かに二人は遊行柳をたずねてはいるが,
そこでは俳句を作っていないようだ。
(後から作って入れている)
また,「立ち去る」はもと「立ち寄る」だったらしいこと。
さらに,「芭蕉が実際に田植えをしたのか,
それとも柳の下で早乙女が植えているのを
眺めていたのか」という論争もあったと
書いてあった。
私には芭蕉が田植えをする姿は
想像もできないけれど・・・。

いろいろな驚きや発見があって,
『えんぴつで奥の細道』はなかなか楽しい。
ぜひあなたもチャレンジしてみませんか?
(ポプラ社。1400円+税)

雨で実施が心配された体育祭も,
昨日の午後体育委員と有志の先生方が
校庭の整備をしてくれ,
今日予行・明日本番という運びになりそうだ。
「明日天気にな~れ!」
(9/15)

« 出身小中学校のホームページ | トップページ | 松本被告死刑確定 »

「教育」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 出身小中学校のホームページ | トップページ | 松本被告死刑確定 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ