« 西村晃という経済評論家 | トップページ | オシム・ジャパン初戦快勝 »

2006年8月 9日 (水)

トリニダード・トバゴ

台風が接近しているので
開催されるかどうかわからないが,
本日はオシム・ジャパンの初戦である
トリニダード・トバゴ戦である。

W杯にも出場したこの国だが,
私はまったくといっていいほど
この国のことを知らない。
そこで,トリニダード・トバゴのことを
少し調べてみることにした。

【どこにあるか?】
アメリカ・西インド諸島の最南端にある島国で,
(南米ベネズエラのお隣りさん)
国名はトリニダード(キリスト教の三位一体の意)と
トバゴ(煙の出る草=タバコの意)の合成地名

【面積・人口】
面積は5120平方キロで愛知県とほぼ同じ。
人口は130万人くらい。

【首都】
ポート・オブ・スペイン(人口6万人)

【政体】
共和制(大統領と首相がいる)

【住民】
インド系40%,アフリカ系40%,
その他クレオール(諸民族の混血)など。

【公用語】
英語,ヒンディー語

【宗教】
プロテスタント30%,カトリック29%,
ヒンズー教24%

【歴史】
15世紀末のコロンブス到達以降,
スペインがアフリカから黒人を移入して
植民を始めた。
18世紀末,今度はイギリスが占拠し,
奴隷解放後はインドから労働者を導入した。
そこで,インド系40%,アフリカ系40%
というような住民構成となっている。
1962年独立。
産油国で,豊富な石油関連商品の
輸出を中心に行っている。
主な貿易相手国はアメリカ合衆国。
経済成長率がとても高い。

【参考資料】
『最新世界現勢』(平凡社)
『世界の国旗全図鑑』(小学館)

自分なりに調べてみて,
今日の試合がますます楽しみになってきた。
(8/9)

« 西村晃という経済評論家 | トップページ | オシム・ジャパン初戦快勝 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。いつもたのしい話題をありがとうございます。
トリニダード・トバゴというと、モントリオール・オリンピック(1976)の陸上男子100m優勝者の方や、最近では、アト・ボルトンという選手の国だと思います。

kazuさんへ

コメントありがとうございます。
kazuさんはオリンピックに詳しいですね。
私は今まで全然トリニダード・トバゴについて
知りませんでした。
でも,自分で調べてみて結構興味が湧いてきました。

オシム・ジャパン初戦は,三都主(サントス)の2つのゴールで快勝。今後がさらに楽しみです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151840/11348029

この記事へのトラックバック一覧です: トリニダード・トバゴ:

« 西村晃という経済評論家 | トップページ | オシム・ジャパン初戦快勝 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ