« トリニダード・トバゴ | トップページ | 川崎の会(1日目) »

2006年8月10日 (木)

オシム・ジャパン初戦快勝

台風の影響で開催が心配だったが,
オシム・ジャパンの初戦=トリニダード・トバゴ戦が
昨夜無事国立競技場で行われた。

普段はアシストの多い三都主(サントス)が
前半に2本の違う形のシュートを決めて,
試合は日本ペース。
まずは初戦快勝,おめでとう!

パスの受け手でも出し手でもない「3人目の動き」も
意識したプレーがされていたらしい。
うれしいことだ。

「このチームは希望に満ちている」(GK川口)
「失点0で終われたのが大事」(DF闘莉王)
「やりたいこと,多少はできた」(DF鈴木)
と朝日新聞は選手たちのインタビューを載せるが,
その一方で,「選手が十分走る力を持っている間は
良い試合ができた。気がかりなのはサッカーの試合は
90分間だということだ」というオシム監督の言葉も。
(「もっともっと走れ!」ということかな?)

これからもオシム監督のもと
「サッカーって素晴らしい」と思えるような試合を
していってほしい。
(8/10)

« トリニダード・トバゴ | トップページ | 川崎の会(1日目) »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151840/11363347

この記事へのトラックバック一覧です: オシム・ジャパン初戦快勝:

« トリニダード・トバゴ | トップページ | 川崎の会(1日目) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ