« 慌てふためく | トップページ | 長編読了 »

2006年7月 1日 (土)

爺々婆々

題は「じじばば」と読む。
地元にある居酒屋の名前である。
前から面白い店があるというウワサは聞いていて,
一度訪ねてみたかったのだが,
昨日縁あって初・爺々婆々した。

間口は広いとはいえないが,
(表に「おでん」のノボリ旗あり)
店内は思ったより奥行きがあって
一番奥にはおでんの屋台風のコーナーが,
手前にはカウンターや小テーブルが
いくつか並んでいる。
お客は10数人といったところ。

この店を経営しているのはその店名の通り
何人かの爺々婆々で,
注文が出てくるのがやや遅いのは玉にキズだが,
昼間の慌しい時間を忘れさせてくれるといえば
言えなくもない雰囲気であった。

おでんはもちろん,鮮魚類,モツ焼きと
料理のレパートリーは広く,
味もなかなかいけるのではないかと私は思う。

テレビがついていて,プロ野球中継をやっていた。
巨人が次々と失点を重ね10連敗。
お客さんと爺々婆々の会話から察するに,
巨人ファンが多いのかなと思った。

昨日はいくつかの料理を肴に
生ビールを何杯か飲んで店を出たが,
またいつか寄りたい店だと思った。
(7/1)

« 慌てふためく | トップページ | 長編読了 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151840/10743095

この記事へのトラックバック一覧です: 爺々婆々:

« 慌てふためく | トップページ | 長編読了 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ