« 腰痛 | トップページ | 惜しくも県大会出場を逃す »

2006年7月 4日 (火)

中田英が現役引退

サッカーの中田英が現役引退との報道を見た。
(朝日新聞では朝刊1面トップ)
今までの彼の発言や
ブラジル戦後の振る舞いから
そうなるとは予想していた。
が,やはりショックだ。

中田英のような個性的な選手は
今後もそう簡単には出てこないだろう。
それほど異色のサッカー選手だった。
監督や選手と意見が食い違うことも多々あった。

中田英のプレーにはピッチ全体を
鳥瞰図的に視野に収めたような
するどい所があった。
中田のスルーパス(相手から見ればキラーパス)が
もう見られなくなるとは本当に残念だ。

あくまでサッカーの現役を続ける
三浦カズのような選手もいるが,
人生をトータルに考え,
第2の出発点を逃さない中田英のような生き方も
これからは出てくるのだろう。
中田のサッカーはその運動量もさることながら,
「頭脳でやるサッカー」という印象を私に残した。

昨日付けの中田のホームページ(http://nakata.net/)で,
彼は“人生とは旅であり、旅とは人生である”
という題で今までのサッカー人生を振り返っている。
読んでみることをお勧めする。
(7/4)

« 腰痛 | トップページ | 惜しくも県大会出場を逃す »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151840/10781470

この記事へのトラックバック一覧です: 中田英が現役引退:

« 腰痛 | トップページ | 惜しくも県大会出場を逃す »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ