« 古賀達也氏講演会 | トップページ | 北極が激変 »

2006年1月10日 (火)

高校サッカー決勝

埼玉県勢の浦和東が負けてしまい,
その後はあまり見ていなかったが,
昨日は決勝ということもあって
高校サッカーを見ることにした。

鹿児島実業VS野洲。
歴史もサッカーの仕方も違う
2校の戦いがまず面白かった。
全体としてはチームプレーを重視の
鹿児島実業に対し,
従来のサッカー常識を打ち破るような
個人技をふんだんに取り入れている
野洲ののびのびサッカー。

1対1でむかえた延長の後半,
最後は野洲の見事な決勝ゴールで
試合は決ったが,
あとで考えたらビデオに録っておけば
よかったと思えるすばらしい試合だった。

日本サッカー協会会長の川淵氏も
「こんな面白いサッカーをする
チームが出てきて本当にありがたい。
高校サッカーの将来性が広がった」
と語っていた。

« 古賀達也氏講演会 | トップページ | 北極が激変 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151840/8089935

この記事へのトラックバック一覧です: 高校サッカー決勝:

« 古賀達也氏講演会 | トップページ | 北極が激変 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ