« 豪雪の日々 | トップページ | 高校サッカー決勝 »

2006年1月 9日 (月)

古賀達也氏講演会

多元的古代研究会・関東で
古賀達也氏講演会が開かれ,
私も参加してきた。

演題は次の3つ。
(1) 『海東諸国記』の史料批判
(2) 「天智紀」重出記事の史料批判
(3) 白雉改元の史料批判

題名を見ると難しそうだが,
いづれも史料の活用を通して
大和朝廷に先行する
九州王朝の実在を論証しようとする
意欲的な発表だった。

私もじっくり古代史を研究したいが,
日々バタバタと忙しく走り回っており
なかなかその時間が見つからない。
こういう研究会に参加するのが
やっとといったところだ。

« 豪雪の日々 | トップページ | 高校サッカー決勝 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古賀達也氏講演会:

« 豪雪の日々 | トップページ | 高校サッカー決勝 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ