2017年3月26日 (日)

春休みの部活動 2017 (訂正版)

だいぶ変更が入ったので,「訂正版」です。

3月25日(土)・・・P

26日(日)・・・オフ(体育館でスプリング・コンサートあり♪)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

27日(月)・・・A

28日(火)・・・14~17

29日(水)・・・A(K先生)               ※ 東日本の会へ(終日)

30日(木) ・・・14~17               ※ Jコムの工事の立合い(午前中)

31日(金)・・・A

4月1日(土)・・・未定 公民館がとれるかな?  ※ 高崎サークルへ

2日(日)・・・富岡中へ練習試合に行く予定

3日(月)・・・P

4日(火)・・・11~14

5日(水)・・・A

6日(木)・・・14~17

7日(金)・・・準備登校(入学式の準備) 公民館がとれるかな?

8日(土)・・・午後は部活可となっています

男バレ・ネットワーク

前任顧問のT先生や木下兄コーチたちのお陰で,
男バレ・ネットワークのようなものが出来上がっていてうれしい。

小学生・・・現在の部員の弟たちが入部する予定

中学生・・・現在,2年生が3人,1年生が9人の合計12名が在籍している(=ベンチ定員)

高校生・・・県立を中心に多数が現在も男バレに在籍している
       所沢,所沢北,所沢商業,豊岡,狭山工業,坂戸西,和光国際,
       西武文理,東亜,天理など

大学生・・・何名かが続けていて,長期休みにどに練習に来てくれる

社会人・・・こちらも何名かが続けていて,長期休みなどに練習に来てくれる

保護者・・・男バレ出身の方もいらっしゃるし,バレーボール経験者も少なくない(現役も!)

これら多くの方たちの見守る中で,安心して活動ができていることをとてもうれしく思う。
あと1年は私も顧問でいられるので,一緒に頑張って盛り上げていきましょう!(o^-^o)

新・ミニガリ本の構想

1年後の「卒パ」には200ページのガリ本を作りたいが,
それまでもう2冊ミニガリ本を作っておきたいと思う。
そのうち1冊はここ1,2年の動きを集めたもので・・・

(1) 『たの授』の「編集委員会ニュース」の3本の原稿(計6ペ)
(2) 『たの授』の「Xージャイロで遊ぼう!」と「エレベーター式!?トランプ」の2本の原稿(計4ペ)
(3) 「夢パ」の報告など(計2ペ)
(4) 「あいせだ冊子の前書き」と「あいせだグッズ価格表」(計2ペ)
(5) 「千年の釘に挑む」教材関連(計8ぺ)
(6) 出授業関連(計8ぺ)
(7) 多元的「国分寺」研究サークル関係(計6ペ) 

もう1冊は,最後の1年間の「新登場」の資料を入れて,
合計200ページとしたい。
最初に作った『今日までそして明日から』が200ページだったので,
どうしてもその厚さがほしいと思っている。
題名はもしかしたら,『今日までそして明日からⅡ』(仮題)かも。

所沢のライブスポット「アドリブ」閉店

所沢のライブスポット「アドリブ」が
28年の歴史に幕を閉じることになった。

28年前と言えば,私がまだ30歳の頃のことで,
新所沢に公団に引っ越していた私は,
実家への行き帰りに横を通る店で,
実際に中で演奏を聴いたのは数回だっただろうか。

現在は実家の敷地内のアパートに戻って,
「これからは通える機会も増えるだろう」と期待していたが,
(あるいは「卒パ」の会場として考えたりしていたが)
なかなかうまくいかないものだ。
(孝行したい時に親はなし。通いたい時,「卒パ」の年にはアドリブなし)

最後の記念に,閉店の告知と懐かしい看板を。

P3250083

P3250084


生徒会本部の年間計画

私が4月の職員会議で提案することになっているのが,
上記の計画である。
昨年度のものがパソコンにあることを教えていただき,
来年度の予定表に合わせて日にちを直していった。

その時間が約50分。
冷静に考えると早くやってしまうべきであったが,
学校というのは日常いろいろなこと(授業や部活やその他)が行われているので,
「今これをやれば約50分で終わる」という冷静な判断がなかなかできないのだ。

あと春休み中にやらなければならないのは授業プリントづくりだが,
これは学年配当が確定してからでないとね。
(一応5時間分はストックがある)

昨日の部活動  3/25

昨日は,午後1時~5時のコマだった。
コーチは最初に指示を出され,仕事(用事)に出かけられた。

キャプテンの指示のもと4時間の練習と練習試合が行われた。
4月から高校でバレーボールを続ける4人の生徒たちが手伝ってくれた。

明日(3/26)は,オフにすることになった。
雨で気温も低いようだし,ここのところだいぶ頑張ってきたので,
気分転換になるだろう。

ニューボールは,もう1個増やして6個にすることにした。
これなら2人ずつ組んで練習をする時,
6個だから全員がニューボールに触れることになる。

『失われた倭国年号《大和朝廷以前》』

上記の本(古田史学の会編・明石書店刊)がついに出版された。
「古代に真実を求めて・古田史学論集・第二十集」も兼ねる書籍である。
いわゆる「九州年号」と呼ばれるやつだが,
これまでの『市民の古代(第十集)』はすでに入手困難なので,
『九州年号の研究』(ミネルヴァ書房)と共に,
古田史学の会の編集で公刊される運びとなった。

P3250088

Ⅰ倭国(九州)年号とは
Ⅱ次々と発見される「倭国年号」史料とその研究

の大きく2つの章からなり,資料が巻末にある。
(「二中歴」「海東諸国紀」「続日本紀」を収録)

全体として簡潔でわかりやすくまとめられており,
18の論文とと15のコラムから構成されている。

巻頭言の古賀さんの文章にも出て来るが,
「本書中,出色の研究成果は正木裕氏(古田史学の会・事務局長)による
「九州王朝系近江朝」「近江年号」という新た概念である。・・・」とのこと。
九州年号についてすでに興味をお持ちの方も,
新たな気持ちで読んでいただけるのではないか。
そういう意味で「九州年号」と言わずに「倭国年号」とし,
《大和朝廷以前》という「逆の押さえ」も効かせたものか。

倭国年号(九州年号)は多少異説はあるが,6世紀初頭~7世紀末にかけて,
だいたい以下のような流れで定められたものと言っていいだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

九州王朝説を支える有力な証拠の1つが,
517~700年の183年にわたって
連綿と続いていた31個の九州年号である。
それを紹介しておこう。

継体・・・517~521年(5年間)
善記・・・522~525年(4年間)
正和・・・526~530年(5年間)
教到・・・531~535年(5年間)
僧聴・・・536~541年(5年間)
明要・・・541~551年(11年間)
貴楽・・・552~553年(2年間)
法清・・・554~557年(4年間)
兄弟・・・558年(1年間)
蔵和・・・559~563年(5年間)
師安・・・564年(1年間)
和僧・・・565~569年(5年間)
金光・・・570~575年(6年間)
賢接・・・576~580年(5年間)
鏡当・・・581~584年(4年間)
勝照・・・585~588年(4年間)
端政・・・589~593年(5年間)
告貴・・・594~600年(7年間)
願転・・・601~604年(4年間)
光元・・・605~610年(6年間)
定居・・・611~617年(7年間)
倭京・・・618~622年(5年間)
仁王・・・623~634年(12年間)
僧要・・・635~639年(5年間)
命長・・・640~646年(7年間)
常色・・・647~651年(5年間)
白雉・・・652~660年(9年間)◆
白鳳・・・661~683年(23年間)
朱雀・・・684~685年(2年間)
朱鳥・・・686~694年(9年間)◆
大化・・・695~703年(9年間)◆
大長・・・704~712年(9年間)

日本書紀によると,年号は大化(645)から始まり,
飛び石的に白雉や朱鳥があり,大宝(701)につながるというのだが,
およそ年号というものは「すき間なく続いている」ことに意義があるのであり,
それでこそ年代のモノサシ足りうるのだ。
その点,日本書紀に出てくる3つの年号は,そもそも「年号」としてのテイをなしていないのである。

また,当時朝鮮半島では高句麗・新羅・百済の国々がそれぞれの年号を持ち,誇っていた。
倭国が年号を持っていておかしいことはないし,むしろその支配権を中国に認めてもらおうとした倭国が
逆に年号を持つことを遠慮していたとしたら,その方が当時の「アジアの常識」としておかしいのだ。

いくつかの年号にふれておく。
全体として「僧聴」「和僧」「金光」「仁王」「僧要」など仏教の影響が色濃く出ている。
この年号を定めた王朝は深く仏教に帰依していたものと思われる。
(九州の仏教受容年代はかなり早い時期のようである)

また,白鳳が23年間と圧倒的に長い。
その前半の白村江の戦いでの敗戦を受け,
長く改元することもままならなかった王朝の事情が表わされているのではないか。
(実際「薩夜馬」と呼ばれる九州のリーダーが捕虜になっており,後に送還されてきている)

江戸時代,九州年号については「邪馬台国」論争とともによく議論されたらしい。
しかし,明治時代になりこれらの年号は私年号として葬りさられてしまった。
その九州年号を発掘し,歴史の光を当てたのが,古田武彦氏と彼を支持する市民の人たちだったのだ。

九州年号についての最新の研究を「新古代学の扉」というサイト(古田史学の会)で見ることができる。
興味のある方はぜひのぞいて見てほしい。

2017年3月25日 (土)

楽天のオープン戦の結果(12)

楽天100020002計5
中日210000101計5

せっかく9回の表に逆転しながら,
その裏にすぐに追いつかれてドロー。
おいおい・・・。

なお昨日,ソフトバンクの松坂投手が広島戦に登板し,
7回をノーヒットに抑えるという朗報があった。
ツーシームという変化球が良かったらしい。
しかし,摂津と共に開幕ローテーションには入れなかったとのこと。

また,愛の世代ズのリーダー・たべさんの母校(市立呉高等学校)が
強豪の履正社と対戦し,0ー1の惜敗だったとのこと。残念!

たくさんのありがとう!

昨日撮った写真を3枚。

P3240079

これは2年生の学年黒板(ホワイトボード)。
ここに「1週間の予定」が書かれ,
連絡係が「明日の予定」を写しに来る。
今年も大変役に立った。
ありがとう!

P3240080

これは修了式の昼食の弁当。
値段はちょっと高いのだが,
ヘルシーで野菜が沢山とれると評判がいい。
ということで今回も注文。
ありがとう!

P3250082

大納会で座席係の先生が困っているので,
「100円ショップのかるたを使うと,108円で済むし喜ばれるよ」
とアドバイスしてあげたら,さっそく実行してくれた。
「さっそく実行してもらった私」もうれしいよ。
ありがとう!

昨日は大納会とあって,たくさんのありがとうが飛び交った。
忙しくしているとなかなか出て来ない5文字だが,
やはり「ありがとう!」に囲まれて過ごしたいものだ。
(同じ5文字でも,囲まれたくないものも多いよね!苦笑)

「部活動の指導員」の制度化

コーチからすでに聞いていた。
日本経済新聞の記事だという。
ぜひいい方向に展開されるといいが…。

「部活動の指導員」の制度化

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG14H1A_U7A310C1CR0000/

«道徳の教科書,初の検定

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ