2018年9月19日 (水)

『太宰府は日本の首都だった』掲載のC14検査

川瀬からご所望の上記の検査のところを,
とりあえず写真で載せてみます。
後日,コピーを差し上げますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Dscn3513_2

Dscn3514_2

Dscn3515_3

Dscn3516_2

Dscn3517_2

Dscn3518_2

Dscn3519_2

Dscn3520_2

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

山田さんのご指摘を受けて,表示方法を変えてみました。
「画面を本文に合わせる」という方法で,瓦の素弁・単弁・複弁の時に使ったものです。
★★★画面をクリックしても拡大しませんが,左手と右手の二本の指で開くと,
ビヨーンと拡大して読みやすくなるのではないでしょうか。★★★

それでも見えないというのであれば,コピーをお送りします。
川瀬さんにはすでに送らせていただきました。

パルコでMさんと,房yaでYさんと再会

昨日は,しばらく会っていない人に,2人も会えてしまった。

1人は高校生のMさんで,会えた場所は新所沢。
近くの高校に通う彼女が,友達たちと学校帰りにパルコに寄って,
そこで私を“発見”して声を掛けてくれたのだった。
3年間社会科を教えたが,けっこう楽しんでくれたと私は思っている。
私の退職の関係で,残念ながら弟さんは教えられなかったが,
「今歴史研究が面白くなってきているよ。ぜひ「夢ブログ」を覗いてみてね」
「はい,わかりました」ということで,友達を待たせてもいけないので,そこで別れた。
「夢ブログ」,見てくれたかな?

もう1人は,房yaの常連のYさん。(お店のYさんは♀。こちらは♂)
「常連」のはずが,仕事が忙しく,最近足が遠のいていた。
私が「今日はいいこと(『ⅩⅧ』が図書館に入ったこと)がありましてね・・・」
から始まって古代史研究について話していくと,相槌を打って聞いてくれ,
「それはすごい。古代史が一変してしまいますね」とうなってくれた。

MさんもYさんも半年ぶりの再会で,うれしい1日にさらに花を添えてくれた。
ありがとうございました!(o^-^o)

新々アパートの建設 9/18

昨日は,クレーンを使っての,家の組み立て作業。
1階部分が1日で出来上がってしまった。

225

224

Dscn3512


明科遺跡群明科廃寺 第4次

川瀬さんがコメントで紹介して下さった明科廃寺のサイトを訪問してみた。
いわゆる発掘調査報告書なのだが,
発掘によってそれまでの時代推定を見事に変更させている。
こういう例を積み重ねていけば,一見不可能に見える通説を崩せるのではないか。

また,川瀬さんは触れておられなかったと思うが,この明科廃寺も「東偏」のようである。(10~15度くらい)
長野県は東山道の通り道だから当然といえば当然だが,
このようにいくつもの角度から,「あれも言える」「これも言えそうだ」ということが出せると,
研究はよりスムーズに進むと思う。 by 東偏・僕の肥さん (o^-^o)

明科遺跡群明科廃寺 第4次

https://sitereports.nabunken.go.jp/ja/19416

2018年9月18日 (火)

突然『武蔵国分寺跡発掘調査報告既報・ⅩⅧ』が出現!

本日,長い間探していた上記の報告書が,
ついに国分寺市の各図書館に姿を見せた。
まず,その報告をしよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日私は,午前中に恋ヶ窪図書館に向かい,
国分寺市ふるさと文化財課に1冊しかないと思われていた『ⅩⅧ』を
恋ヶ窪図書館で閲覧できるように(そしてコピーできるように)しようと思っていた。
ところが受付の司書さんは,「ちょっと待っていて下さいね」と館内を少し歩き,
「新着図書のところにありましたよ」と『ⅩⅧ』を手渡してくれたのだった。w(゚o゚)w

「えーーーっ,なんで?」私は頭が混線した。一冊しかないはずの報告書がここにもあるとは。
先日電話したら,「ここにも『ⅩⅧ』だけはありませんねー」という例のせりふを言っていたのに・・・。

その謎は,司書さんと話しているうちに解けた。
私が「ふるさと文化財課」を訪問したことはすでに書いたが,
3つ図書館からの別ルートの連絡がプレッシャーとなり,
「全ての図書館に配布されていない」という事実が26年ぶりに明らかになったようなのだ。
そこであわてて倉庫を探してみたら,案の定そこには図書館配布分のものが残っていて,
即日国分寺市内の図書館に「新着図書」として配布されたのだった。
(確かに「新着」には違いないが・・・)

「図書のコピーは半分まで」というルールを私は知っていたので,
半分だけコピーをさせてもらって,お礼を言い,次の元町図書館へ。
ここでも『ⅩⅧ』が入っているのを確認して,お礼を言い,さっきとは違うところをコピー。
本当は2枚ずつコピーしたかったのだが,ルールは守って。
(実は,元町図書館から私に何回も電話いただいていたらしいのだが,なぜか掛からなかった)

さらに武蔵国分寺跡資料館の2階のふるさと文化財課へ向かう。
先日の閲覧のお礼を言い,各図書館にも配られたとの確認をし,以下の交渉をしてみた。
「私たちは,武蔵国府・国分寺について研究しています。この『ⅩⅧ』はとても貴重な資料なので,
コピーは取れるようになりましたが,ぜひ報告書も持っていたい。
有償でいいので余分があったらお分け下さい。もし非売品ということでしたら,無償貸与という形でも」
返事は後日いただけるそうだが,あまり期待しないで待ちたいと思う。

さて,その足で国分寺四中の資料館へ。吉報を知らせようとしたが,祭日の次の日でお休みでした。
またさらにその足で,国分寺駅北口の本多図書館へも。ここでもお礼を言って,『ⅩⅧ』を確認。
(この図書館の司書さんも,恋ヶ窪図書館との連絡をしぶとく取って下さった)

今回の『武蔵国分寺跡発掘調査報告既報・ⅩⅧ』の捜索においては,
3つのことがうまく作用したと思う。

(1) 『ⅩⅧ』をぜひとも見たいという私たちの執念
(2) 国分寺市立元町・本多・恋ヶ窪図書館の司書さんたちのありがたいサポート
(3) ふるさと文化財課の方たちによる最終捜索

この三つが「三位一体」となって作用し,9月7日から『ⅩⅧ』は26年ぶりに,
国分寺市内の各図書館で自由に閲覧できるようになった。
(1992年発行→2018閲覧開始)

226


イチローが大谷に“新二刀流”を提案

私は20本塁打で「打者専念」しか考えていなかったが,
さすがイチロー,前代未聞の“新二刀流”を考えた。
どんな内容かは,以下のリンクを

イチローが大谷に“新二刀流”を提案

新々アパートの建設 9/17

昨日は,コンクリの上に横の木をはめた。
この上にクレーンで,木の塊を載せていく予定。

Dscn3504_2

Dscn3505


山王廃寺の「創建前」と「創建後」の掘立柱建物の方位

川瀬さんの「この寺院は正方位。
この寺院の下には西偏25度くらいの掘立柱建物群があり、
これが豪族の居館なのか郡衙なのかが論争になっているようです」
との言葉を頼りに,図面を探してみました。

➀ 創建前 西偏30度ほどの掘立柱建物群が8棟見えます。

Dscn3501

➁ 創建後 掘立柱建物に,正方位と西偏7度の2種類のものが。建てた時期・主体が違う?
 あと,西偏7度は「熊野神社古墳」&「武蔵国分寺(主要伽藍)」の方位と同じだ。

Dscn3502


「渡る世間は鬼ばかり」3時間スペシャル2018

「福ちゃん」から帰ったら,ちょうど上記の番組が始まるところだった。
私は当然のごとく,3時間に付き合うことになった。
あらすじは,こちらで。


「渡る世間は鬼ばかり」3時間スペシャル2018

http://www.tbs.co.jp/hot-jyouhou/201808101639.html

「高齢化」「老人の孤独」「介護」「子育てノイローゼ」「そんたく」等,
さまざまな現実の社会の問題を取り入れて,視聴率を上げることだろう。

公式サイト

http://www.tbs.co.jp/oni/

楽天が投打が噛み合い53勝目

楽 天020202010計7
ロッテ000200000計2

楽天が投打が噛み合い53勝目をあげた。
先発・藤平が3安打2失点で完投し,
打線もそれに応えた。

藤平ー山下 

藤平 4勝6敗0S

内田8号ソロ,田中18号ソロ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【楽天サイトのヒーロー・インタビュー】

記者:見事プロ初完投勝利藤平尚真選手です。おめでとうございます。
藤平選手:ありがとうございます!

記者:まずはプロ初完投勝利のお気持ちをお聞かせいただけますか。
藤平選手:嬉しいです。

記者:今日はチームが連勝で迎えたマウンド、そして相手投手が同学年の種市選手ということ
でもありましたが、そのあたりの意識はどうだったのでしょうか。
藤平選手:そうですね、同級生がたくさん出てきているので意識するところもありますし、
そこでも冷静に闘う相手はバッターだという気持ちを持って投げました。

記者:そういった中で今日は9回を投げ抜きまして、わずか3安打2失点という素晴らしい内容でした。
ピッチング振り返っていかがでしたか。
藤平選手:ここ3試合あまりいい内容のピッチングができていなかったので、
なんとしてもいいピッチングをして、来年に繋がるようなピッチングをしたいなと思って
マウンドに上がりました。

記者:一人で投げ切ろうという意識はどれぐらいからもっていたんですか。
藤平選手:いや、もう投げる試合は毎日最後まで投げようと思ってます。

記者:そういった意識で初めて一人で投げ切った試合が地元千葉ということなんですが、
今日は身内やご関係者の方はいらっしゃっているんですか。
藤平選手:来てると思います。

記者:その前でプロ初完投、いかがですか。
藤平選手:最高です!

記者:さらにおめでたいことといいますと、藤平選手は9月21日がお誕生日ということで、
いい形で20歳を迎えられるんじゃないですか。
藤平選手:そうですね、19歳最後の登板で、こういう試合ができたのはすごく嬉しいです。

記者:残り試合もわずかとなっていますが、今後に向けて最後に楽天イーグルスファンの皆さんに
メッセージお願いします。
藤平選手:残り試合少ないですが、勝ち星をあげられるようにしっかり努力します。
応援よろしくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Dscn3497

背番号「9」がオコエ選手。東村山市秋津町に生まれ,関東一高から楽天球団へ。

Dscn3500

今一軍にいるので,肥さんもオコエ選手応援タオルを買った。
応援の場面では,グランド側に向けている。
オコエさん≒「お,肥さん」 すごく似てません?(o^-^o)


«いじめと脳の関係~ヒトはいじめをやめられない?~(中野信子さん)

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ