2018年8月22日 (水)

使用映像の候補(作業中)

パソコンの不具合から,新たに写真を追加することができない。
これまで集めたものの中から,使用映像の候補を探ってみたい。

(1) 東山道武蔵路①・・・東の上遺跡(埼玉県所沢市)

Dscn2655

(2) 東山道武蔵路➁・・・東村山駅付近

Dscn2722

(3) 東村道武蔵路③・・・西国分寺駅付近

Dscn2717

(4) 江戸時代の旅・・・箱根旧街道

Photo

(5) ONライン


審判の目から見た松阪,斎藤佑,江川の違い

『Number』という雑誌のWeb版に,面白い話題が出ていた。
ある審判が,一世を風靡した3投手の違いを語る。
野球好きの人にはたまらない話題かも・・・。
リンクしますね。

審判の目から見た松阪,斎藤佑,江川の違い

http://number.bunshun.jp/articles/-/831670?utm_source=headline.yahoo.co.jp&utm_medium=referral&utm_campaign=directLink

新々アパートの建設 8/21

昨日は,搬入されいた鉄骨(溶接済み)をそれぞれの場所に据え,
コンクリートを流す準備をしていた。

(作業の様子)

古代史講演会の流れ案(かなり変更)

(0) 自己紹介

半年前まで中学社会の教員をやっておりました肥沼です。どうぞよろしくお願いいたします。
古田史学との関りは,『吉野ヶ里の秘密』で古田先生と再会したこと。
今から30年近く前のことです。それ以来著作の渉猟,講演会や旅行会への参加をしてきました。
いくつかの団体に会費を払い,研究紙を送っていただいたり,新古代学の扉のサイトを覗いたり,
数年前から,多元的「国分寺」研究サークルをブログで開設したり,
一番最近では「武蔵国府」の謎解きもやっています。

お近づきのしるしに手品を1つやらせて下さい。
手品「マジック・ワールド」の披露(手品の謎解きと歴史の謎解き)
最初は何も古代のことがわからなかった私たちも(白色),
古田先生によって九州王朝説他の謎解きをしていただき(白黒の絵),
それに私たちが研究を持ち寄る段階になってきた(カラーの絵)。
ぜひ研究を交流し合って,日本に世界に多元史観が広がっていくことを願います。
質疑の時間があったら,もう1つ別な手品(「エレベーター式!?トランプ」)がありますので,
よろしくお願いいたします。

(1) ONライン

今から25年くらい前,文京区の区民会館で,古田先生を中心に3年間いっしょに
2か月ごとに「ONライン」の研究をしました。

700年と701年の間を,画期と認定していいかということがメインテーマだったと思います。
2か月に1度でしたが,いろいろな話題が出て,また仕事が終わった後行われたこともあって,
半分以上(あるいはほとんど)頭に残っていないのですが,
しかし,結論としては,「やはりそこに画期がある」ということだったと思います。
なので,これは自然科学でいえば「法則」「原理」みたいなもので,
もっともっと活用すべきもののような気がするのです。

ーーー700年までーーーーーー701年から-----------
                
 (九州王朝の年号)    大宝(初めて大和政権が年号の建元)~
 (九州王朝の律令)    大宝律令~
 (九州王朝の評制度)   郡~
 (朝賀できず)        朝賀~
 (曲水の宴開けず)     曲水の宴~
 (九州王朝の冠位)     位記~
 (九州王朝時代の国印)  新しい国印の頒付~

PS ・・・ということは,大極殿で行われたクーデター事件(大化の改新)も,
その大極殿の所有者=九州王朝内の事件ということになるのかな?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

他にもいろいろあると思いますが,今日のテーマに即して言うと,
「全国6300キロに及ぶ古代官道を作ることを命じられるのは誰か」
ということになると思います。個々の工事は地方の王が分担してやらせたにしても,
たとえば,①幅12mを基準とすること,➁直進が原則,③基礎工事の高度な技術など,
国家的な命令がなければその統一性はないと考える。
その命令を7世紀半ばに出せるのは誰か。
それは,ONラインの考えによれば,九州王朝しかない。

ところが,6年前にNHKのBS2で再放送された「古代日本ハイウェー
~1300年前の“列島改造”」を観たら,「そんな大事業で,しかも緊急性のあることをできるのは,
天智天皇か天武天皇かみたいなストーリーでした。「いやいや,それは違うでしょう。
7世紀半ばは九州王朝が主権者だったのだから命令も九州でしょう」ということで,
私的ONラインの適用が始まった次第で,その後「古田史学会報」に書かせていただきました。。

しかし,「その後100年もすると,古代ハイウェーは使われなくなり,地下に埋もれた」と
NHKは続けました。そういえば,同じように廃棄された例があるぞ。吉野ヶ里遺跡は
「親魏倭王」=「反呉倭王」だったのが,魏が力を持った後はかえって魏からにら睨まれかねない
軍事要塞になるのだということを思い出しました。

唐の進駐軍が進駐してきたら,代々の王墓は破壊され,防衛施設だった神籠石遺跡は撤去され,
何の施設だったか分からない程にされている。(宗教施設かも?)
さすがに全国を結んだ6300キロの古代ハイウェーまでは破壊されなかったけれど,
軍隊の移動くらいしか用がない幅12mの道路は,修理されなければどんどん傷み,
やがて律令制の衰退とともに使われなくなっていったというのが私の仮説です。

もっとも溝と化した中央部は使われないが,そのハイウェー沿った道は使用され,
鎌倉時代になると東山道武蔵路に並行した鎌倉道が何本も存在し,
今はこちらの方が有名になっています。そういうのが21世紀の「今」なのだと思います。

まず小中学校で「一元史観」を刷り込まれ,引退後は再び地域の歴史の学習会から
「一元史観」を刷り込まれている現在。
古代日本ハイウェーが多元史観への橋渡しになることを願っています。

(2) 山田さんへの橋渡し

ところで,私が古代官道について考えていた時,どこがスタートでどこがゴールかなんて
あまり考えてはいませんでした。とにかくこんな巨大プロジェクトをやれるのは
九州王朝しかない,と。そして,私にとっては東京の横田基地と埼玉の入間基地の間を結ぶ
直線の幅広い道路(行政道路)は,軍用道路に決まっている。
便利ゆえに渋滞が絶えない道でしたが,最近いろいろなバイパスができました。
また,空を見上げれば軍用機が朝礼や授業時間にも飛んでうるさく,かえって冷房化が進む
という矛盾した話も起きてます。

では,西村さんの研究をさらに発展させ,古代官道についての認識を深めていただいた
山田さんに,これからの話をお任せいたしましょう。では,山田さん,よろしくお願いいたします。

写真がアップできない

パソコンの調子がおかしい。
昨日まで写真もアップできていたのに,
先程やろうとしたらできず,
「フォーマットし直して下さい。
ただし,データはすべて消えます」
という指示。

いったいどうしたのだろう。(。>0<。)

所沢市上安松の発掘現場 8/21

昨日は,晴れたり曇ったり降ったりと天気が二転三転し,
ドローンの空中撮影がうまくいくか心配だった。
しかし,予定通り白いボディーのドローンは,
4つのプロペラを回して飛び上がり,
遺跡上空で静止して下の様子を撮影してくれた。
15人を超える関係者が集まったところをみると,
やはり空中撮影は,発掘期間の最終段階「晴れの日」という気がした。
竪穴授居のかまどなど,これから掘っていくという。
最後まで見逃せない今回の発掘だ。

(ドローン)

(遺跡の写真)

楽天が投打が噛み合い47勝目

オ リ000005000計5
楽天00401100×計6

楽天が投打が噛み合い47勝目をあげた。
先発・則本に勝ちを付けようと,チームが一丸となったのが良かった。
チームスポーツというのは,そういう無私の共通目標を持てた時,,
有機的に機能すると思うからだ。

6回表に則本が5点取られて,同点とされた時,
一昨日の6―0から6ー8の逆転負けを思い出した。
それをすぐペゲーロがホームランを打ってくれて,
マイナスのムードをプラスのムードに変えることができた。
打が頑張れば,今度は投が頑張る。
6回以降リリーフ陣は0点で抑え,
最後はハーマンの3者連続三振で締めくくった。
前試合で9回に5点取られて逆転負けした投手とは別人のようだった。

則本・高梨・青山・ハーマンー嶋

則本 6勝9敗0S
ハーマン 2勝2敗18S

枡田3号3ラン.ウィーラー8号ソロ,ペゲーロ17号ソロ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【楽天サイトのヒーロー・インタビュー】

記者:3回、先制の3ランホームランになりました。チャンスで回って来たこの場面、
打席ではどのようなことを考えていましたか。
枡田選手:とりあえず、1点を取れるような気持ちで、何とかしたいなと思いました。

記者:結果的には、バックスクリーンに飛び込む自身3本目の一発となりました。
枡田選手:ありがとうございます。

記者:ここのところ、代打ではなくスタメン。4番での起用が続いています。
今日の一発は、4番の仕事ができたのではないですか。
枡田選手:今まで、全然打てていなかったので、何とかしたいと言う気持ちだけで、打てました。

記者:チームは乱打戦を制しました。今日は6得点ということになりましたが、
その中心に(枡田選手が)座りました。今日の打線はどのように振り返りますか。
枡田選手:みんなが則本選手に、なんとか勝ちを(付けたい)という気持ちで、
1点でも多く取ろうという気持ちでしたので、それが良い結果なったと思います。

記者:最後に締めてもらいます。夏休みで、多くの子供たちもいます。
勝負強いバッティングの秘訣を(子供たちに)教えてください。
枡田選手:その秘訣は、ビールです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

記者:ナイスピッチングでした。
高梨選手:ありがとうございます。

記者:ランナーを3塁に置いて、4番の吉田正選手との対戦になりました。
この場面、ご自身のピッチングを振り返っていただけますか。・
高梨選手:則本さんが、2アウトまでこぎ着けていたので、
(則本選手と)2人で1つアウトを取ろうという気持ちでいきました。

記者:結果的には相手の4番(吉田正選手)を三球三振に仕留めました。
高梨選手:三球三振は出来過ぎでしたが、抑えられて良かったです。

記者:チームとしては8回に青山選手、9回にハーマン選手(が登板する)ということで、
7回をしっかり押さえれば、後ろに(登板を)待っている先輩がいる。
その中での今日の働きご自身でどう振り返りますか。
高梨選手:1試合1試合なんとか先発ピッチャーの勝ちを、繋げられるようにやっているので、
それが(結果に)出たかなと思います。

記者:高梨選手の好投で、エース(則本選手)に勝ちを付けることが出来ました。
これは投手陣にとっても大きいのではないですか。
高梨選手:そうですね。エース(則本選手)に勝ちが付くというのは大きいと思うので、良かったです。

記者:今後は、どのようなピッチングを披露していきたいですか。
高梨選手:2年前までは、そんなに野球をやっていなかったので、1日1日を大事に任された所で仕事をする。
という気持ちで投げていきたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

記者:まず、則本選手に7月5日以来の勝利がつきました。
平石監督代行:そうですね、苦しんでましてが、ここ最近ボールもだいぶ良くなってきてたんですけども、
なかなか勝ちに恵まれなかったので、今日は則本に何が何でも勝たしたい一心でみんな戦いました。

記者:7回続投でした。あれは本人の意思だったんですか。
平石監督代行:いえ、こちらがピッチングコーチと(相談して決めました)。ただ吉田正選手までいけば、
高梨に託そうという話はしてました。

記者:そして、高梨投手への継投が見事にはまりましたね。
平石監督代行:そうですね、あのプレッシャーが掛かる場面で、高梨がきっちり抑えてくれて、
素晴らしい内容だったと思います。

記者:その後、青山選手、ハーマン選手と一昨日の(負けの)借りを返したと感じがするのですが。
平石監督代行:悔しい負けをして1日空いて、今日もしっかり前を向いてくれてたので、
最後のハーマンも一昨日のことがあって、ものすごく慎重に見えたんですけど、
しっかり3人で抑えてくれたので、明日からは本来のハーマンの精神力が戻るんじゃないかなと思います。

記者:中盤は大量リードを今回も守れなかった。ちょっと嫌な空気が流れていたのですけども。
平石監督代行:これまでも、ミスが出たりいいプレーもいっぱい出てるんですけども、
今日は野手にミスが出て、則本の足を引っ張ってしまったのですが、
その後、取り返すではないかもしれないですが、(ミスをしたペゲーロに)一発出ましたので良かったと思います。

記者:攻撃では、初先発の投手を2回り目から見事に攻略しました。
平石監督代行:立ち上がりからストライクとボールがはっきりしてたので、
バッターからすればそんなピッチャーは嫌なんですけど、甘い球を逃さずにしっかり攻めてくれたと思います。

記者:銀次選手以外はスタメン全員安打ということで。
平石監督代行:銀次も3打席目までは、ものすごくいい内容で全部正面ついてたので、
あのバッティングを続ければ銀次も問題ないでしょう。ほかの選手もしっかりやってくれたと思います。


記者:則本選手に勝ちがついて、そして打線もつながってきた、前を向く材料が揃ったと思うのですが。
平石監督代行:前を向かないといけないです。ただ、ミスは出てるので、
そこはしっかり反省して明日以降につなげたいと思います。

2018年8月21日 (火)

所さんの目がテン(京都橘高校のマーチングに密着)

昨日の朝,山田さんのサイト(sanmaoの暦歴徒然草)で上記の番組を観た。
もともと1時間半という長~い番組なのだが,こともあろうにさらに付随する番組もいくつか・・・。

「やることはいっぱいあるのに・・・」と思いつつも,
この番組に感動できる私って若いっ!てことだと思うから,
自分にもできること(マーチングはできませんが)をやり切りたいと思わせてもらえた。
元気をもらえる映像です。もしお時間があったら,観てほしいなあ。

所さんの目がテン(京都橘高校のマーチングに密着)

https://www.youtube.com/watch?v=1CAKbKLyu9M&feature=player_embedded

下毛野朝臣古麻呂について

『古代東国仏教の中心寺院・下野薬師寺』に出て来る下毛野朝臣古麻呂が気になって,
ウィキペディアを読んでみた。
そうしたら,歴史のひとコマが見えたような(あくまで,「ような」です)気がしたのでリンクしておく。
これで川瀬さんが気になさっていた「正方位の掘立柱建物」の謎も解けると思うのですが・・・。

ウィキペディア「下毛野朝臣古麻呂」

https://ja.wikipedia.org/wiki/下毛野古麻呂

私は白村江の戦いの際,前将軍として上毛野君稚子が出兵するので,
関東王朝は九州王朝と運命を共にしたと思っていたのですが,
分家の上毛野君は戦いに参加したが,本家の下毛野君は参加しなかったということなのかな。
またあるいは,関東王朝を全滅させないために,「半分参加」という形にしたのか。
いずれにしても,一族が「生き残るか,滅亡するか」という瀬戸際に立たされたのだと思う。
とにかく下毛野君家は白村江の戦い以降も勢力を保ち,
その当主である下毛野君古麻呂は,大和王朝の下で大出世していく。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

持統天皇3年(689年)以前:直廣肆(従五位下に相当) ← この位以上が貴族とされている
文武天皇4年(700年)以前:直廣参(正五位下に相当)
大宝元年(701年) 日付不詳:従四位下。4月7日:見右大弁
大宝2年(702年) 5月21日:参議
大宝3年(703年) 2月15日:功田10町、封戸50戸。3月7日:功田20町
慶雲2年(705年) 4月20日:従四位上[9]。4月22日:兼兵部卿
慶雲4年(707年) 10月3日:造山陵司(文武天皇崩御)
和銅元年(708年) 3月13日:式部卿。7月1日:大将軍[10]。7月15日:正四位下
和銅2年(709年) 12月20日:卒去(式部卿大将軍正四位下)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

前に綿貫観音山古墳(6世紀後半の群馬県の古墳。豪華な副葬品で未盗掘で発掘された)が出てきたが,
その100年後の孫の代では白村江の戦いでは戦死(稚子)するのに対して,対照的である。


綿貫観音山古墳

https://ja.wikipedia.org/wiki/綿貫観音山古墳

それが,下野薬師寺の地下の様子に見事に表されているのではないか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

① 「九州王朝に従う意味の東偏5度の屋敷」 → 663年白村江の戦い → 主権の移動決定
➁ 「大和王朝に従う意味を表して屋敷を正方位に改める」 → 褒美として従五位下への登用?
➂ 「大和王権の下での正方位の薬師寺の建立」(次の代以降だろう)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

という「建物の方位が歴史段階を表す説」,いかがでしょうか?

新々アパートの建設 8/20

台風19号と20号の進路を気にしながら,
新々アパートの建設が再開した。
「捨てコン」の上にコンクリートを何十センチかの高さにするが,
そのための鉄骨資材の搬入があった模様。
青いビニールシートの中にそれらが入れられている。

Dscn3143


«古代史講演会の準備 8/20

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ