2018年12月10日 (月)

「湯の森」に行ってきた

なんか「体の芯から温まる」を実感したくて,
昨日所沢市下安松にある「湯の森」に行ってきた。
自転車で20分あまり。

よくあるスーパー銭湯という感じで,
大小いろいろな湯があったが,
ダイエットに関心が深い私としては,
強力な水流のダイエット風呂とサウナがよかった。

体の芯から温まったという感じがし,
テレビで埼玉マラソンを観ていたら,
知らない間に2時間ほど過ぎていた。

湯の森

http://www.jp-l.co.jp/yunomori/

世界のネット利用者39億,史上初めて総人口の半数超えへ

うれしい情報が飛び込んできた。
世界の過半数の人たちがネットを利用しているというのだ。
なぜうれしいのかというと,楽しい情報や知らせたい現状を
世界の過半数の人に知らせられる時代になったということである。

素晴らしい発見・発明は,一部の人の独占から世界の人に公開される。
そして,許されない生命や人権への危機も,世界に訴えることができる。

私自身でいうと,日本発の素晴らしい情報(仮説実験授業や多元的古代研究)を,
日本の人たちはもちろん,世界の人たちにも伝えることができるという利点がある。
これからも「肥さんの夢ブログ」を続けていくパワーを,上記のニュースからいただいた。

世界のネット利用者39億,史上初めて総人口の半数超えへ

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6306162

積雪1メートル超も!

はやくも冬将軍が大暴れ。
特に東北地方日本海側は,ものすごい積雪。
中には1メートル超のところもあるというから驚きだ。
皆さんのお住いの地方はいかがですか?

積雪1メートル超も相次ぐ

https://www.msn.com/ja-jp/news/national/冬将軍きょうも猛威大雪続く-積雪1メートル超も相次ぐ/ar-BBQHlyv?ocid=spartandhp#page=2

2018年12月 9日 (日)

スーパーボランティア・尾畠春夫さん

離騒庵さんから教えていただいた方は,
一字違っていて尾畠春夫さん。
スーパーボランティアとして知られている方ですね。
ちょっと検索しただけでも,エピソードがすぐヒットしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

尾畠春夫、スーパーボランティアがTV情熱大陸で語る事とは?

http://antei5632.com/archives/1194

息子の手料理 12/9

前から一度やってみたいと思っていたポトフに,
本日挑戦してみた。

基本はいつもと変わらず,
硬い野菜を電子レンジで柔らかくしつつ,
メインの鍋で野菜と肉類を作っていく。
最初の夕飯で母が皿にどれくらいよそるかで,
好き嫌いがわかるように思う。

Dscn4408


巣鴨駅前のイルミネーション

今年も各地でイルミネーションが美しく冬を彩っている。
これは巣鴨駅前のもの。

Dscn4404

Dscn4405


新春講演会で山田さんが講演

9月1日の古代史講演会でご一緒した山田さんが,
大阪府で行われる新春講演会で
「全ての道は太宰府に通ず」という演題で講演するそうだ。

これまでは近畿から出発した街道が日本各地に通じていた
いうのが常識だったが,
これからは太宰府から出発した街道が日本各地に通じていた
というのが常識に変わっていくだろう。(と私は考える。)

場所が大阪なので,私はちょっと遠慮させていただくが,
関西周辺の方はチャンスです。
ぜひお聴きになられるといいと思います。

2月3日(日) 午後1時30分~,大阪府立ドーンセンター大会議室

頭慢ライブ@たかしの店(石垣島)2018・12・2

「2度あることは,3度ある・・・」
全国の頭慢ファンの皆さん,申し訳ありません。
またまた遅刻アップになってしまいました。m●m
では,最新の頭慢ライブをお楽しみ下さい。

私としては,「ヤギ」と「さしみ」のサンドイッチがうれしいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第1部:<時間もしくは未来>
1.冬のコンサート
2.時
3.猫の国へ
4.To What Do I Belong?
5.選ばなかった未来に
6.Christmas Song

第2部
7.ヤギのお母さん
8.雨のギャラリー
9.さよならメゾンココナッツ
10.伝説
11.Dead December
12.さしみ屋

頭慢ライブ@たかしの店(石垣島)

http://20f.jugem.cc/?day=20181208

東京・たのしい研究の語り場 2018年12月

昨日は,上記の会に参加してきた。
会場は,仮説社・やまねこラウンジ(巣鴨)
参加者は,中さん(主催者),本間さん,石塚さん,門馬さん,奥さん,私の6人。

私が1時間ほど遅れて参加した時には,もう会は始まっていて,
中さんが「朝鮮と満州に残した遺産~ある日本人技術者・本間徳雄の生涯」をもとに,
研究の成果を報告していた。(本間徳雄さんは,参加者の本間さんのお祖父さん)

Dscn4407

朝鮮や満州で建設してきた橋や水力発電所のダムはとても頑丈で,
現地の人たちからも感謝された。帰国後は,都民の水ガメの小河内ダムも作った。
その一方で,本多勝一『中国の旅』(1971年)で紹介されて以来「万人坑」と呼ばれる遺跡がある。
(日本人によって虐殺された中国人が放り込まれたと,文化大革命で宣伝された?)
この本間徳雄の業績と「万人坑」には大きな開きがありすぎで,
とても同じ地域であったこととは思えない。その辺を探った研究だった。

結論から言うと,現地の「万人坑」はそのような虐殺の結果によるものではないということだ。
もしそうなら,本間徳雄が感謝状を贈られて,無事帰国したという事実とも合わない。
また,共産党も「文化大革命」の後,「指導者が誤って引き起こし,党と国家,人民に
深刻な災難をもたらした内乱」と総括したそうだ。
そういう「文化大革命」のさなかに,「万人坑」は大きく取り上げられ,記念館などが建てられた。

私たちは,全く完全に対立する意見の中で,どのように真実を見つけていけばよいのだろう?
イデオロギーにとらわれず,いかに歴史を読み取り判断していくか,その生きた問題の一つがここにある。
(「朝鮮と満州に残した遺産~ある日本人技術者・本間徳雄の生涯」より)

会は,このメイン資料のほか,中さんの「思いつくままに・・・・・・⑤」などを使って行われた。
こういう会は,これまで中さんの地元の羽村市などで行われていて,なかなか出られなかった。
この「たのしい研究の語り場」は,私にとって中さんから学べる貴重な機会である。
うれしいことに,中学4人が「理」「理」「社」「社」,小学2人のうち本間さんは「社」と言ってよく,
話題が自然科学と社会の科学のバランスもよさそうだ。(o^-^o)

Dscn4403


「ツイている日」はツイている!

昨日はツキまくっていて,怖いくらいだった。

(1) 朝体重を測ったら,2キロ減を針が指した。(o^-^o) 
 → たぶん散歩のおかげです。

(2) 母のカバン掃除の手伝いをし,合計1万円の現金を発見した。
 → そのお金を使って,母に久しぶりの美容室をプレゼントできた。
 (「思い切って,ショートにしてみたよ」と母もご機嫌でした)

(3) カバンに入っていたギフト券3000円分が,97パーセントで換金できた。

(4) 仮説社の山猫ラウンジでやっていた中さんの会に飛び込みできた。別項で報告。

(5) 新秋津駅の楽屋(ささや)で,昨日は開店直後から入ることができた。

これだけツイていることが1日に起こると,今日はその反動が来るのでは?
な~んて思ってしまうけれど,そこは前向きに考えて,
「ツイている日」も,「そうでない日」も,平等に起こっているのだ。
それに気が付けるかどうかが大切なのだ,と。

よく「最悪~!」と連発してしまうことがあるが,
それを招かないための「最高~!」の努力をしてきたか?
と問うべきなのではないかと思う。
もちろん「努力不要論」という考え方もあると思うが・・・。(^-^;

«一歩・二歩・散歩! 12/8

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ