2017年5月28日 (日)

海援隊のトーク&ライブコンサート

昨日は午前中に部活動を終わらせ,
午後3時からの上記のコンサートに参加した。

P5280448

P5270447

会場は昭島公民館の「KOTORIホール」。
名前は可愛いが,1200名収容とのこと。
その大半が60代の方たちで,武田鉄矢さんとほぼ同じ世代。
私は若い方かな?
(なんと海援隊も,武田と中牟田の2人が今年68歳になり,
千葉が66歳になる。3人の年齢を足すと200歳を越える!)

自分たちも客層も高齢者の海援隊は,
今かつてのヒット曲を半分と高齢者フォークのネタを半分演奏していた。

昨日の,セットリストは・・・

(1) 人として
(2) 贈る言葉
(3) そうだ病院へ行こう!
(4) 一度っきりの人
(5) 恋文を焼く
(6) 故郷未だ忘れ難く
(7) 母に捧げるバラード
(8) 思えば遠くへ来たもんだ
(9) 冬支度
(10) 郷愁心~のすたるじい~(アンコール曲)

全編にわたって武田の軽妙なМCが入り,
笑いあり涙ありの2時間だった。
特に「母バラ」のセリフで有名になった武田のお母さんの
エピソードが多く登場し,会場を沸かせた。

「贈る言葉」は卒業のための歌ではなかった!(驚き)
→実は,あの曲は失恋の歌だった(納得)
→別れる時に女性から言われた言葉(爆笑)
→その時お母さんに言われた慰めの言葉(大爆笑)
という話の流れは見事で,うまいなあと思った。

武田の多くの経験が歌に反映され,
それが聴衆の共感を呼んでいるようで,
今彼らが手掛けているのが「高齢者フォーク」。
最新のアルバムには,上記の「そうだ病院へ行こう」や
「冬支度」などが収録されているそうだ。

また,「山に登った」と言えるのは,無事に下りてきた人の言える言葉。
山に登ったまま帰らない人を「遭難者」という話には笑ったが,
これは人生の例えでもあって,定年を山下りの始めと考え,
「無事に下りるという仕事が残されているではないか」と気づかされた
有意義なコンサートだった。

母に捧げるバラード(紅白歌合戦に初出場の時の映像)

https://www.youtube.com/watch?v=H-BrSH18gls

「母に捧げるバラード」の歌詞の変化

http://binbou-diary.seesaa.net/article/411199027.html


海援隊の曲の歌詞サイト

http://utaten.com/artist/lyric/%E6%B5%B7%E6%8F%B4%E9%9A%8A?sort=popular_sort_asc&page=3


昨日の部活動 5/27

昨日は,学総体・市予選で優勝した翌日で,
いつもならオフにするところだが,
本日新座中との練習試合を組んでいたのと,
3年生がヤングバレーの選考会に出るというので,
結果的にやることになった。

途中でいらしたコーチとの相談で早めに切り上げることにしたが,
疲れてはいても,それ以上に
優勝の喜びが生徒たちを支配していたようだ。
私も特大号で,A3判の「バレーボール通信」を発行した。

女バレは,新チームになっての2日目。
セッターを務める生徒がキャプテンに就任したそうだ。
「男女同時に県大会出場」を目指して頑張ってほしい。

楽天が投打が噛み合い29勝目

西武010000000計1
楽天00060000×計6

楽天が投打が噛み合い29勝目をあげた。
1点リードされた4回裏,岡島の逆転タイムリーと
ペゲーロの10号満塁ホームランで試合を決めた。

先発した美馬が5勝目。
前回は味方の援護がなく,9回0失点にも関わらず勝てなかったが,
今回は早めの援護に助けられた。

一昨日は1ー5で敗れたが,それにリベンジするような戦いだった。
本日は岸が先発である。古巣の西武に2連勝できるか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(楽天サイトのヒーロー・インタビュー)

記者:5勝目をマークした美馬選手に伺います。ナイスピッチングでした。
美馬選手:ありがとうございます。

記者:立ち上がりから安定感抜群のピッチングでした。
振り返っていかがだったでしょうか。
美馬選手:そんなに安定感抜群という感じではなかったですけど、
岡島のファインプレーだったり、打ってもらったり、助けられてここまで投げられました。
本当にありがとうございます。

記者:今日は打線がよく援護してくれましたね。
美馬選手:そうですね。本当に心強いです。ありがとうございます。

記者:隣の岡島選手のタイムリー、どう見ていましたか。
美馬選手:ロッカーで「絶対打ちますから」と言っていたので、
有言実行してくれて、格好良かったです。

記者:そして今日は、ピンクに染まったイーグルスガールデーです。
レディーたちの声援はいかがだったでしょうか。
美馬選手:こんなに女性ファンいるんだなと思って、めちゃくちゃ嬉しかったです。

記者:それでは、次の登板に向けて一言お願いします。
美馬選手:次もしっかり勝てるようなピッチングをして、
長い回をしっかり投げて勝てるように頑張ります。応援よろしくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

記者:岡島選手に伺います。ナイスバッティングでした。
岡島選手:ありがとうございます。

記者:4回の逆転タイムリー、あのシーンを振り返っていかがでしょうか。
岡島選手:美馬選手に「絶対打って」と言われたので、打てて良かったです。

記者:まさに美馬選手を大きく助ける1本でしたね。
岡島選手:そうですね。裏で美馬選手にめっちゃ怒られて、
「打てよ」と言われたので、良かったです。

記者:あの守備のファインプレーもそういうものがあって生まれたのでしょうか。
岡島選手:そうですね。あれは僕の判断ミスだったので、ラッキーです。

記者:そして今日はイーグルスガールデー。
この多く集まったレディーの皆さんに一言お願いします。
岡島選手:本当に今日は女性の皆さんの声援のおかげで、
楽天イーグルス、勝てたと思います。

記者:そして今日、お二人の活躍もあって、イーグルスは貯金をふたたび17としました。
これからに向けて一言お願いします。
岡島選手:もっともっと勝って、いっぱい皆さんに勝利を届けられるよう
頑張っていきたいと思います。

2017年5月27日 (土)

「海援隊」ライブコンサートの予習

本日の部活終了後,私は武田鉄矢さんのフォーク・グループ
「海援隊」のライブ・コンサートに出かける。
別に,市予選で優勝したからというワケではないが,
ちょうどそういう形になったことはうれしいことだ。(o^-^o)

武田鉄矢さんと「海援隊」のことは,少しは知っているが,
少ししか知らないので,予習をしておきたい。
今は,「ウィキペディア」という予習サイトがあるから便利だ。
ここで知った知識とライブ・コンサートで感じたものを,
自分の中に残しておこうと思う。

デビューのいきさつや「母に捧げるバラード」のこと。
その後の不遇時代と「幸福(しあわせ)の黄色いハンカチ」(映画)や
「金八先生」(テレビドラマ)での大活躍。
武田鉄矢さんの半生もまた波乱万丈のようである。
興味のある方は,ぜひご一読を!

海援隊(フォークグループ)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E6%8F%B4%E9%9A%8A_(%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97)

学総体・市予選 2017

学校総合体育大会(学総体)の市予選が昨日行われ,
なんとか「全員バレー」で優勝することができた。
その様子を略報したい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

対東中戦 2ー1(25ー13,23ー25,25ー18)

市民バレーで苦杯を飲まされたように,
東中にはこちらのリズムを狂わされる何かがある。
しかし,いつまでもそんなことを言っていたら,上には進めない。
どこかでそれを断ち切って,戦っていかなければならない。
昨日も,第2セットと第3セットでその兆候が現れたが,
私の機転とコーチの作戦で,最後は生徒たちも踏ん張り,
10連続得点で逆転勝ちした。(15ー18 → 25ー18)

対富岡中戦 2ー0(25ー22,25ー14)

このところ富岡中は練習試合を続けていたこともあり,
第1セットこそ苦しんだが,第2セットはスタートからキャプテンが
4連続得点をあげるなど8ー2の入りで,そのまま快勝した。
(富岡中はこの日,2位に入った。練習試合の成果かな?)

対向陽中戦 2ー0(25ー22,25ー15)

こちらも第1セットで苦しめられた。
7ー3で良い入りをしたのだが,中盤に形勢が悪化し,
一時は21ー22と劣勢に立たされた。
しかし,ここで最後の踏ん張りを見せ,
キャプテンのバックアタックの連続などで再逆転した。
(顧問とコーチの握手は,また実現することができた!)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の学総体・市予選もいろいろ大変なことがあったが,
それを越えるキャプテンの献身的なスパイクの連続で,
再三のピンチを脱出することができた。
「労働基準法違反」とも思える働きぶりだったと思う。
しかし,これはこのチームの最初からの「チームの形」だったとも言える。
全員でレシーブして,キャプテンにバトンをつなぎ,
それに応えてキャプテンが前からでも後ろからでもスパイクを決める。
「そのチームの形」(個性?特徴?)を生かしきれた時,
勝利への道が開かれるのではないかと思った。
お疲れ様でした!そして,7月24(月)日から行われる県大会でも,
さらに進化した「全員バレー」を期待する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

保護者の皆様,昨日もたくさんの応援・車出しをありがとうございました!
雨で足が悪かったので大変移動が助かりましたし,
完全アウェーの富岡中の体育館での戦いを支えていただきました。
県大会は深谷や本庄と遠い会場となりますが,
また熱い応援をよろしくお願いいたします。m●m

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

木下兄コーチ,また最後に「勝利の握手」をすることができてうれしいです。
今回は(今回も?)苦しい戦いの連続で大変でしたが,
コーチの熱い指導と采配で,素晴らしい結果をいただくことができました。
コーチと私の「二人三脚」はまだ続きますが,
どうぞ最後までよろしくお願いいたします。m●m

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【今後の日程】

5月27日(土)~午前中,体育館で練習。大会翌日なので軽めかも!?

5月28日(日)~午前中,新座中と練習試合(2年生&1年生)
           ヤングバレーの練習・選考会(3年生)

6月4日(日)~午後,霞が関中との練習試合。

このほかにも八王子中や東村山四中から練習試合の問い合わせが来ています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【県大会関係】

抽選及び代表者会議→ 7/11 上尾市民体育館 

場所:上尾市民体育館13:15~※時間厳守 場所の確認をしてください!
上尾市向山4-3-10
 
県大会日程・会場 7/24(月)男子→深谷ビッグタートル 女子→本庄シルクドーム
         7/25(火)男女→本庄シルクドーム
         7/28(金)男女→本庄シルクドーム

2017年5月26日 (金)

「理性」を「感情」でコントロールする

題名を見て,「間違いですよ」とコメントが入りそうな気がするが,
仮説実験授業の大先輩である西川さんの言葉である。
私はけっこう気に入っているので紹介しよう。

私たちはよく「感情」を「理性」でコントロールするという表現をするが,
それは場合によりけりであるということである。
人間的に生きるということは,
「感情」を「理性」でコントロールすることも必要だが,
時には逆に「理性」を「感情」でコントロールしてやることで発揮できる。

たとえば,本日は学総体の市予選だが,
「理性」を「感情」でコントロールしたい。
(もちろん1~2割は理性も残しておくが・・・)
それがスポーツの楽しみ方だと思うから。
ベンチにどっしり座っているのも1つの形だと思うが,
私にはそれはできない。
生徒たちと一喜一憂して,試合にのめり込みたいのだ。
そして,勝っても負けても,ベストを尽くしたと言える試合をしたい。

ドラマ「101回目のプロポーズ」の名セリフ
「僕は死にませ~ん。なぜなら,あなたが好きだから・・・」
このセリフが心に響くのは,主人公が「理性的」だからではなく
「感情的」だからこそなのである。
トラックの前に飛び出してまで,つまり命を賭けてまで,
「あなたのことを愛している」という表現に感動するのだ。
(よい子の皆さんはマネをしてはいけません。ドラマの話です)

さて,冒頭の西川さんの言葉は,たのしい授業に関してのことである。
私たちは日々教科書を進めることにいそしみ,子どもたちの理解や
感動のことを忘れがちではないか。時には教師自身がたのしさを優先し,
本当に教えたいことをたのしく教えるという原点に戻れと言っているように思う。
私の残された時間は,1年を切った。

♪「それにつけても,おやつは〇〇〇」

上記の〇〇〇に「カール」が入ることは,
かつては常識だった。
ところが,昨夜見たニュースは,
「中部地方以東で,販売中止」という
ショッキングなものだった。

私はさっそく近くにいた何人かに
「突撃インタビュー」を試みた。
すると誰もが,「最近買っていないなあ」というものだった。
私も同じように「最近買っていない」だった。
(カラムーチョ,20%増量えびせん,時々ポテチが私のベスト3)

かつては「それにつけても,おやつは〇〇〇」という商品でも,
人気の時代が去ると「そういえば最近買ってない」となるのである。
世の移り変わりの無常なことか。

カールが「中部地方以東」で販売中止

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170525-00000060-mai-bus_all

昨日の部活動 5/25

昨日は,午後1時~5時のコマだった。
木下兄コーチにお世話になった。

女バレの試合を見てきたコーチが,開口一番こう言った。
「小手指中に第1セットで22点取り,
第2セットもサーブだけで7ー0にしました!」
耳を疑うような内容に驚き,喜びが湧いてきた。
やはり,あの攻撃型バレーが功を奏した,と。
(コーチがその後を言わなかったのは,
残念ながら0ー2で惜敗したということだろう)

それから1時間,さらに私は驚かされた。
コーチからのメール経由の伝言である。
「山口中との第1セットは,25ー27で負けたそうです」
うそー,山口中と言えば各地から選手を集め,
県下に名をとどろかせている強豪チームのイメージ。
そのチームを相手にジュースまで追い込むとは・・・。

県大会出場の小手指中と
かつて程ではないにせよ強豪の山口中。
両者を相手に善戦以上の戦いをした女バレに敬意を表したい。
そして,そこまで指導していただいたコーチたち,
さらにその上に大きな花を咲かせてくれた顧問のМ先生。
生徒たちに代わって,感謝の気持ちを表明させていただきます。
これまで,ありがとうございました~!
そして,いっしょにやれる残りの期間も,
どうぞよろしくお願いいたしま~す!
(ちなみに第2セットは10ー25だったとのこと。
まあ,それはそうでしょう・・・)

もちろん女バレの仇を撃つのは我が男バレである。
負けられない戦いが,ここにある!

昨日は,最終調整ということで,
特に新しいことは導入していなかったと思う。
これまで指導を受けてきたことが十分発揮されれば,
市予選はもちろん,県大会だって「結果はついてくる」と思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日は,4校の総当たり戦。
①東,③富岡,⑤向陽である。

6時半,体育館開錠。
7時15分集合,7時半出発,8時富岡中に到着予定。

弁当,水筒などの用意。
ユニフォーム,シューズ,長靴下などの用意。

キャプテンは「選手宣誓」の言葉。
顧問は「優勝カップ」の用意。

本日は,全員バレーで優勝するぞー!

P5250440


楽天が則本の好投で28勝目

楽天000112000計4
オ リ100000000計1

楽天が則本の好投で28勝目をあげた。
野茂の持つ6試合連続2ケタ安打という
プロ野球新記録に並んだ。

効率的な打線の援護もあって,
則本はハーラーダービートップの6勝目。
松井裕は17セーブ目をあげた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(楽天サイトのヒーロー・インタビュー)

記者:今日のヒーローは則本昂大選手です。今シーズン6勝目、おめでとうございます。
則本選手:ありがとうございます。

記者:則本選手にとって、プロで初めて2桁三振を奪った縁起の良い球場での
今日の試合でしたが、どのような思いで臨みましたか。
則本選手:記録ですとか、いろいろなものがありましたけれど、
まずはチームが勝てるようにと思って投げました。

記者:その気持ちのこもった力強いピッチングでしたが、
ご自身で今日のピッチングを振り返っていかがですか。
則本選手:初回に点数を取られましたけど、チームが逆転してくれたそのあとは
粘り強く投げられたと思います。

記者:それに応えるように中盤に追いつき、追い越していった打線のつながりを
どのようにご覧になっていましたか。
則本選手:本当に心強い野手陣なんで、粘っていけば勝てると思って投げました。

記者:そして10個の三振で6試合連続2桁奪三振となり、日本プロ野球記録と並びました。
「偉大な方の記録と並ぶことは中々ないこと」と、ご自身でもおっしゃられていましたが、
改めて今どのようなお気持ちですか。
則本選手:監督、コーチたちに本当に我慢して投げさせてもらったので、嬉しく思いますけど、
それ以上にやっぱり(チームが)勝てたということが何より嬉しいです。

記者:さらに今日の勝利でリーグトップの6勝目となりました。
ファンの皆さんもさらなる活躍を期待されています。最後にメッセージをお願いします。
則本選手:6勝できたのも野手の皆さんの力のおかげですし、
それ以上にファンの皆さんの声援が僕たちの力になってると思います。
これからもどんどん勝てるように熱い声援をよろしくお願いします。

2017年5月25日 (木)

昨日の部活 5/24

昨日は,午後3時15分~5時45分のコマだった。
木下兄コーチにお世話になった。

学総体の前日とあって,特に1日目に出場する女バレは,
気合も入り,背番号をもらえるかどうかでナーバスだっただろう。
(男バレは,日曜日の練習試合の後に発表)

女バレチームはとにかく,Aグループ通過を目指し,
ここ数日いい感じになってきたスパイクを徹底させること。
3年生にとって最後の大会である。
遠慮はいらない,思い切ってぶつかって来い。

一方,男バレは実力的には直県で優勝してもおかしくないチームだ。
だから,まともに試合ができればきっと勝てる。
用心すべきは,緊張のあまりの自滅行為や人任せの勝手なプレー。
これをしてしまうと,相手チームに調子づかせることになり,
ひいては相手のペースにはまってしまう。

ペースはこちらが「はめるもの」であって,「はめられるもの」ではない。
サーブミスは「相手にさせるもの」で,私たちが「するもの」ではない。
決める気のない返球スパイクは,相手にとってチャンスボール。
ビッグプレゼント・フォー・ユーだ。

全員バレーは,全員で守るだけのバレーではない。
全員で攻めてこそ,勝利に近づいていくものなのである。
心は熱く燃え,頭は冷静に相手の動きを観察せよ。
やるべきことをやれば,結果はついてくる!

«武田鉄矢さんは,古田ファンだった

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ