2017年7月20日 (木)

ラスト2日

一昨日は午前中「4分の4」を自習にするというアクシデントに見舞われたが,
昨日は午前中「4分の4」の授業をこなして,午後を迎えた。

午後も学力テスト返却のための準備で時間を取られたが,
何とか残り1時間足らずは部活に出られた。

ラスト2日。
きつい日々だったが,楽天が首位で頑張っているのに励まされ,
なんとかここまで来た。
お世話になった方々,ご迷惑をかけた方々,
ありがとうございます。
そして,どうもすみません。m●m

昨日の部活動 7/19

昨日は,午後2時~5時45分というロングランだった。
木下兄コーチにお世話になった。

給食のあと昼休みをいれればこれほどではなかったと思うが,
すぐ40分の大掃除に入り,帰りの会のあとまたワックス塗りとなった。

私は学力テストの返却のための準備のお手伝いをしていたが,
どのクラスもきれいにワックスが塗られていて,ようやく学期末が来たと感じた。

体育館に行くと,これまでより湿度が低く,やや乾いた風が流れていた。
梅雨明けも近いのだろう。

いよいよ県大会が近づいた。
全員バレーで,本校の名前をとどろかせよう!
まずは,7月24日(月)の深谷ビッグタートルの桶川中戦から県大会が始まる。

楽天が岸の好投で52勝目

楽  天010001010計3
日ハム000000020計2

楽天が岸の好投で52勝目をあげた。

岸が7回1安打10奪三振無失点に抑えて試合を作ると,
それに応えて,ウィーラーの20号やアマダーの9号が飛び出し,
松井裕が最後を締めくくった。
岸は則本の9勝に次ぐ8勝目で,松井裕は28セーブ目。
楽天は6連勝で,貯金も28となった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(楽天サイトのヒーロー・インタビュー)

記者:ナイスピッチングでした。
岸選手:ありがとうございます。

記者:素晴らしいピッチングで8勝目を挙げた今の気持ちを聞かせて下さい。
岸選手:何とか抑えておけば、点を取ってくれると思っていたので、よく投げられました。

記者:今日は本当にピンチらしいピンチがなく、打たれたヒットもわずかに1本でした。
どんなところが良かったですか。
岸選手:うまく狙い球を絞らせなかったというのが良かったかなと思います。

記者:これでご自身8勝目です。則本選手に次ぐ8勝目になりました。
チームメイト同士で高め合っていますね。
岸選手:そうですね。昨日の辛島選手も勝って7勝目なので、
みんなで競い合っていけたらいいなと思います。

記者:そしてチームは首位を走っています。今のチームの雰囲気は良いんじゃないですか。
岸選手:はい、すごく良いですし、その雰囲気をなるべく壊さないように、
しっかりと先発として仕事ができるように、これからも頑張りたいと思います。

記者:まだまだ試合が続いていきます。ぜひ次回の登板、
そして集まって下さったイーグルスファンの皆さんにも一言メッセージをお願いします。
岸選手:明日は塩見選手が先発なので、良い流れを作ってあげることができて
良かったと思います。また明日もよろしくお願いします。

2017年7月19日 (水)

『たの授』7月号の感想

仮説社御中

『たの授』7月号の感想を送ります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『たの授』7月号で特によかったのは,次の3点です。

(1) 漢字指導に革命を!?(伴野さん)

私は中学で社会科を教えていますが,漢字の話題は時々でます。
「令」という字の「印刷文字」と「手書き文字」の違いはよく質問される例の一つです。
「どちらでもいいんじゃないのかな」と言ってもて,なかなか納得できないようです。
このあたりを明らかにするお話や授業ぷらんがあったらうれしいです。
『漢字再入門~楽しく学ぶために~』ぜひ読んでみたいです。

(2) 名前の漢字で授業をたのしむ(木下さん)

漢字は「意味がある」という特徴をもった文字ですので,
それを使って楽しく授業できたらいい授業ができる気がします。
まして名前はみんなが(皇族の方以外は)持っているものなので,
教室の黒板が名前で埋まってなかなかたのしそうです。

(3) たのしいマット運動への道(峯岸さん)

プラン③は,「後転」が内容です。後転と言えば,「耳の脇に手を添えて」と
よく言われたものでしたが,それがかえって後転を難しくさせていたとは!
たぶん上記の指導は,教師の善意から生まれたものだとは思うのですが,
それが科学性のないものだと,かえって可能性を小さくしてしまう。
こういう例は,後転だけでなくほかにもあるのではないでしょうか。

このほか,小原さんの「親へ手紙」も面白そうだし,
加子さんの「指先で回る風車」もぜひ作ってみたいと思いました。

頭慢の7月ライブ@石垣島「たかしの店」 2017.7.4

石垣島「たかしの店」でのライブも5回目。
すでに私の楽しみとして高齢化いや恒例化しているのだが,
今回はいまいち調子がでなかったらしい。

しかし,新しい挑戦をしているからこそ,
調子がいい日もあればそうでない日もあるわけで,
また次回を頑張って下さいと願うだけです。

でも,アンコールにもあがった「ヤギのお母さん」という
ちょっと沖縄風の楽しい歌がレパートリーに加わったというのは,
素晴らしいことではないかと思う。
この曲は「沖縄に行ったからできた曲」。
そういえるんじゃないかな?

<セットリスト>

●A面

1. 超能力がある(詞・曲:とーまん)
2. 両棲類(詞・曲:とーまん)
3. すてきな夏休み(詞・曲:とーまん)
4. ヤギのお母さん(詞・曲:頭慢)
5. Dead December(詞:秋葉信雄+頭慢・曲:頭慢)
6. 等しく雨の降る街で(詞・曲:頭慢)

●B面

7.あめふらしの心(詞・曲:とーまん)

8. 渚に風(詞・曲:頭慢)
9. 雨のギャラリー(詞・曲:頭慢)
10. さよならメゾンココナッツ(詞・曲:頭慢)
11. あの頃の与野ハウス(詞・曲:頭慢)
12. ルート17(詞:BARL・曲:とーまん)
13. 葉音(詞・曲:頭慢)

●感謝のアンコール

ヤギのお母さん(詞・曲:頭慢)

ヤギのお母さん

https://www.youtube.com/watch?v=2XZs4r9Oj0o

この歌を聴いて,「忘れられないご馳走」という授業プランのことを思い出しました。
沖縄にはヤギの肉をお祝いに食べる習慣がある。
せっかく可愛がって子供たちが育ててきた子ヤギも,
やがて世代交代の時期がきて,そういう運命となる。
すでに娘がいるというお母さんヤギも,実はそういう中の一頭なのである。
「飼い主の家でお祝ごとがある」「娘のことはよろしくね。後のことは頼みます」
という歌詞は,それを暗示している。

人間は,動物たちの命をいただいて生きている。
そういう歌を頭慢は作りたかったのだと思う。

楽天が辛島の好投で51勝目

楽  天001001030計5
日ハム000001000計1

楽天が辛島の好投で51勝目をあげた。

6回を1失点と先発・辛島が試合を作ると,
3回に島内がタイムリーの先制打。
また,6回にはペゲーロの本塁打で追加点,
8回にも3点のダメ押し点をあげ,
救援陣が,高梨ーハーマンー松井裕と0点で抑え切った。

辛島は,7勝目。
楽天は,貯金27となった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(楽天サイトのヒーロー・インタビュー)

記者:後半戦の開幕戦を任されましたが、今日はどんな思いでマウンドに上がったのでしょうか。
辛島選手:いつも通りバッターに向かって集中して投げようと思ってマウンドに上がりました。

記者:1点リードしていた4回なんですが無死2塁のピンチがありました。
そのあとレアード選手、大谷選手などを抑えた見事なシーンがありました
あの辺りは振り返っていかがでしょうか。
辛島選手:特に意識することなく、(嶋選手の)ミットめがけてしっかり投げられたと思います。

記者:全体的に今日ご自身でピッチングを振り返っていかがでしたでしょうか。
辛島選手:全体的に良かったので変に意識することなく投げられたと思います。

記者:実は辛島選手は今シーズン結構地方球場で投げていて、
もうこれで地方球場だけで4勝目ですがご自身で勝っている要因はありますか。
辛島選手:なんででしょうね。わからないですが、他でも勝てるように頑張りたいと思います。

記者:特に序盤から援護点があったというのは非常に大きかったでしょうか。
辛島選手:そうですね。いつも援護してもらっているので感謝しています。

記者:チームは後半戦初戦をものにして、オールスター前からこれで5連勝、
貯金も今シーズン最多27。首位の座をがっちりキープとなりました。
チームの雰囲気もいいんじゃないでしょうか。
辛島選手:非常に雰囲気もよくできていると思います。

記者:ではこの後に向けて楽天イーグルスファンの皆さんに一言お願いいたします。
辛島選手:いつも熱い声援ありがとうございます。
これからも試合が続いていくので最後まで応援お願いします。


親孝行がアダに・・・

私の名前には「孝」の字が付いていて,
「親孝行・親不孝の孝です」などと紹介するが,
昨日はそれがアダになってしまった。

一昨日の強化試合を終えて帰宅したところ,
ポストに一枚のメモが入れてあり,
「お米を2キロお願い」「重いので自転車で」
と書いてあった。

重い買い物をして骨折でもされると大変なので,
重いものは私が買ってくるから,
ポストにメモを入れておいてほしいと日頃言っているからだ。

普段なら「疲れているから,明日にしよう」と思うところだが,
このところ忙しすぎて,親不孝をしている感があった。
そこで,近くのスーパーに買い物に行くことにした。
(これさえ終われば,充実した1日も終わると・・・)

ところが,それがアダになってしまった。。
アドバイスに従って自転車にまたがったまではよかったが,
ジャージのズボンから財布がいともたやすく抜け,
スーパーのレジで財布がないことに気が付くまで,
そのままになってしまったのだった。

それでも,家から5分の距離のスーパー.
黒い財布が道端に(しかも家からすぐの所に)
落ちているのを発見するはず・・・だったが,
それは後の祭りとなってしまった。

それから,スーパーへ事情を話しに行き,
悶々(もんもん)としたきもちで朝を迎え,
早朝,最寄りの交番へと「遺失物届」を提出し,
午前10時には2つの銀行に「紛失」のためのカード執行停止と
再発行のための書類を何枚も書きに出かけということで,
(しかも新しいカードが送られてくるまでに2週間かかる)
学期末の貴重な時間をつぶすことになってしまった。
ご迷惑をかけてどうもすみません!

今後は「親孝行」など性に合わないことは考えず,
夏休みなど時間のある時だけにして
お財布の管理には気を付けていく所存です。
カードと現金の危険分散をしていきたい。                                                                                                     ,
便利なスマホをなくしてあわてている人と,
私は同じことをしていると思った。
便利と危険は隣り合わせだと
いうことを忘れてはならない。

県大会のための強化試合 7/17

毎年この時期に,坂戸西高校が主催して,
県大会のための強化試合が行われる。
つまり私たちからすると予行演習となり,
高校側からすると学校の宣伝になる
「一石二鳥」の会というわけである。
もちろん喜んで参加させていただいた。
木下兄コーチにお世話になった。
その一日を略報しよう。

対霞ケ関中 2ー0(25ー18,25ー15)
対坂戸西高校 0ー2(18ー25,18ー25)
対名細中 2ー0(25ー19,25ー19)
対坂戸桜中 0ー2(11ー25,13ー25)
対志木中 1ー1(17ー25,25ー17)

全部の合計は「5ー5」ということであった。
志木中との第1試合は,スタートが悪すぎての敗戦で,
県大会に出てくるチームは,さすがに見逃してくれない。
どのゲームも最初から競り合わなくては
勝機はないということだろう。
志木中の顧問の先生は社会科担当だということで,
「私も社会科です」ということで,自己紹介した。

一昨日もたくさんの保護者・家族の方々に,
応援・車出しをしていただいた。
ありがとうございます。

一週間後の県大会初日(深谷ビッグタートル)の
桶川中との試合が,楽しみです。
深谷南公民館の借用もできるとのことで,
新人戦に続き,彼らの雄姿がきっと見られることでしょう。

2017年7月17日 (月)

アパートの作り方(60)

しばらく書いていなかったが,
ようやく「初家賃」が入るという知らせがきたので,
書いておくことにする。(金額は書きませんが)

というのも,4月からアパート経営が始まっていたのだが,
「家賃収入は7月分から」という契約で,
4~6月は無収入だったのである。

なのに返済分は4~6月も払う契約で,
実際上は思いのほかマイナス経営なわけであった。

これからすぐプラスに転じていくかというと,
なかなかそうもいかない。
(家屋部分の固定資産税も新たに発生してくる)
まずは「利息分の返済」をしていく時期ということで,
おちおち使うわけにもいかないのだ。

母のおこずかいは増やすにしても,
当面は使わないで旧アパートの「リフォーム費用」の貯金に
励むのが賢い選択と考え,母にも了承してもらった。
(土地を私が,建物を母が所有している)

うちは土地があったので銀行が融資してくれるわけで,
湯水のようにお金を使える立場ではない。
でも,新旧ともにアパートが全戸入っているというのは
気持ちの上でとても安心ではある。(o^-^o)

東村山三中との練習試合 7/16

昨日は,東村山三中をお招きして練習試合を行った。
暑い気温の中,また北辰テストの日でもあったが,
強化試合の前日という意味でも収獲があったと思う。

対東村山三中 2ー5

(1) 8ー25(1・2年生チームでまったく歯がたたず)
(2) 13ー25(少し慣れて,何とか半分取れた)
(3) 20ー25(キャプテンが北辰テストから戻り,一挙に高得点に)
(4) 17ー25(ほぼレギュラーを並べたが,得点は下がる)
(5) 25ー21(昨日の初勝利)
(6) 25ー18(2連勝。あちらは6試合目なのでバテてきた?)
(7) 25ー23(最後までもつれる好試合。やってよかった)

ということで,中盤からはまずまず,試合らしい試合となった。

東村山三中は,2回戦でサレジオ学園とぶつかるという。
ここはナンバー2の学校で,埼玉でいえば坂戸桜。
なかなかの苦戦が予想される。
しかし,男子バレー部の廃部が決まっており,
今年でなくなってしまうという悲しい話であった。
昨日あちらの学校もたくさんの保護者が見えていた。
それには男子バレー部の最後の輝きを目に収めておきたいという
親心があったのである。(もちろんビデオカメラも回っていた。なので,
それに向かってたくさんの肥さんの声を収録していただいたことになる。
もちろんみんなのプレーもだけどね)

(1) クイックを自在に使った攻撃
(2) 各自の個性的なサーブ
(3) 相手後方の面積が広くなったと見るやそこにボールを送る(何点取られた?)

などなど,いろいろ学べることはあると思う。
平均身長が高いということも特徴だけれど,
それは真似るわけにはいかないのだから,
せめて技術・技能をくらい学び取ろう。

あちらの顧問の先生に,「来て良かったです」と言っていただけた。
それは私にとって,すごくうれしいお言葉だった。
都大会(7月22日。私たちより2日早い。午前中,体育館全面練習の日),
ぜひ頑張って下さいネ!

本日は,旧毛呂山高校の体育館を使っての強化試合。
坂戸西高校へ通っている先輩やさまざまな中学校とも力試しができる。
県大会へ向けて,さらにまた一歩階段をのぼって行こう。

«昨日も暑くてダイエット効果

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ